外国では何かと現地の人のお世話になることが多いでしょう。そんな時こそその国の言葉でお礼を言いたいもの。
というわけで今回は、感謝を伝えるドイツ語の表現を紹介します。

まずは"Danke!"


「ありがとう!」にあたるドイツ語は、Danke!(ダンケ!)。
Danke

マクドナルドのトレー返却場にも、"DANKE"


より丁重にしたければ、Danke schön!(ダンケ シェーン!)やDanke sehr!(ダンケ ゼーア!)とします。

このDankeとは、もともとdanken(ダンケン/感謝する)という動詞の一人称単数形。つまりIch danke(イッヒ ダンケ/私は感謝する)の主語が略された形です。

これを略さずにIch danke dir!(イッヒ ダンケ ディア!)、あるいは敬称で語る相手にはIch danke Ihnen sehr!(イッヒ ダンケ イーネン ゼーア!)と言えば、さらに丁寧な謝意の表現となります。

ところでこのdankenという動詞の由来は、denken(デンケン/考える)という良く似た動詞にあります。つまりドイツ語での感謝とは本来、思慮を伴う感情の表れを意味していたわけですね。
ちなみに英語のthankとthinkの関係も、これに同じです。

量か、質か? Dankもいろいろ


それからdankenの名詞版であるDank(ダンク/感謝)を用いた表現も良く知られています。

特に多用されるのは、「いっぱいの感謝を!」を意味するVielen Dank!(フィーレン ダンク!)。
もともとHaben Sie vielen Dank!(ハーベン ジィー フィーレン ダンク!/いっぱいの感謝を得てください!)が略されたものなので、4格をとっています。

さらに同じく「無数の感謝を!」を意味するTausend Dank!(タウゼント ダンク!)、「心からの感謝」でHerzlichen Dank!(ヘァツリッヘン ダンク!)、「最高の感謝」はBesten Dank!(ベステン ダンク!)といったように、表現のバリエーションも豊富です。