宮城 保之

ドイツ語 ガイド 宮城 保之

みやぎ やすゆき

ドイツ語から言葉の謎へと迫る、在ウィーン哲学徒

日本の大学でドイツ語ドイツ文学を修めた後、オーストリアの首都ウィーンで哲学を学ぶ。現在は、翻訳・通訳および語学教師をこなしている。

ガイド記事一覧

  • ドイツ語のお薦め辞書・参考書と学習のコツ

    ドイツ語のお薦め辞書・参考書と学習のコツ

    ドイツ語といえば、かつて日本の大学にて第二外国語の代表格でした。近年は英語偏重教育政策の影響もあり、大学での履修者数は減少傾向の様子。が、ネットのコミュニティーなどで交わされる活発なドイツ語論議を目にすると、まだまだ関心を集めているな、と嬉しくなります。これからドイツ語を始めようという皆さんも、しっかり準備して是非この交わりに飛び込んでゆきましょう!

    掲載日:2017年09月16日ドイツ語
  • ドイツ語の発音、母音やアクセントなどの基本を解説

    ドイツ語の発音、母音やアクセントなどの基本を解説

    「こと発音に関しては、英語やフランス語よりドイツ語のほうがはるかに易しい」、これは第二外国語選択に悩む学生にドイツ語教師がささやく常套句です。実際、ドイツ語の母音は日本語のそれに発音の上で対応しており、アクセントや長音にも分かりやすい規則性があります。もちろん辞書等での確認も怠らないようにしましょう。

    掲載日:2017年09月15日ドイツ語
  • ドイツ語の発音、複母音・複子音など注意点の解説

    ドイツ語の発音、複母音・複子音など注意点の解説

    「ドイツ語はローマ字読みでいいから、簡単だよねー」「じゃ、“Deutsch”(ドイツ語)ってどう読むの?」「えーと…、でうとす…ち?」といった状況にお悩みの皆さん。ドイツ語には変則的な読みもあり、それはそれで規則を知る必要があるんです。eu(オイ)やtsch(チュ)をひとまとまりの読みと解せるようになれば、「ドイチュ」もばっちりですよ!

    掲載日:2017年09月15日ドイツ語
  • BMWは何の略?ドイツ車マニア向けドイツ語講座

    BMWは何の略?ドイツ車マニア向けドイツ語講座

    日本への輸入車の実に7割を占めるとされるのが、ドイツ系メーカー車。「アウトバーン」を疾走する堅牢にして優美なデザインに惚れ込んだ方も少なくないでしょう。そうしたドイツ車のブランド名・車両名・モットーに、ドイツ語によって込められた思いがあるのをご存知でしょうか? 代表的な4つのドイツ車メーカーから、それを学んでみましょう。

    掲載日:2017年09月04日ドイツ語
  • ロミオはロメオ?ドイツ人の名前の意味・由来

    ロミオはロメオ?ドイツ人の名前の意味・由来

    日本ではいわゆる「キラキラネーム」が話題になることがありますが、名前とは洋の東西を問わず、いかなる形であれ思いを込めて与えられるもの。「マルティン」や「ユーリア」といったドイツ語圏で頻繁に目にする名も、それぞれが独自の由来や意味合いを持っています。皆さんのお友達の名にどんな由来があるか調べて、本人の性格と比べて見るのも面白いかもしれませんね。

    掲載日:2017年09月03日ドイツ語
  • ダンケシェーン!ありがとうを伝えるお礼・感謝表現

    ダンケシェーン!ありがとうを伝えるお礼・感謝表現

    「旅先で道を教えてもらった」「料理をご馳走になった」……。そのような際、お礼をその地の言葉で言えると嬉しいですよね。ドイツ語にも、様々な感謝を伝える言い回しがあります。ぜひ学んでみましょう!

    掲載日:2017年09月02日ドイツ語
  • ドイツ語と英語単語、「友とは言えどすれ違い」の関係

    ドイツ語と英語単語、「友とは言えどすれ違い」の関係

    ドイツでデパート等へ行くと、“Notausgang“という表示が付いた扉を目にします。Not(緊急)+Ausgang(出口)で、要するに「非常口」なんですが、このNotを英語のnotと取り違え、「not Ausgangってことは、出口じゃないんだな」と勘違いする人が後を絶たないとのこと。致命的な事態に至らぬためにも、両語の相違は正しく把握しましょう。

    掲載日:2017年08月06日ドイツ語
  • 味わいつくそう、ソーセージのドイツ語

    味わいつくそう、ソーセージのドイツ語

    『大どろぼうホッツェンプロッツ』というドイツの童話をご存知でしょうか? 元気な少年たちと大どろぼうのかけあいを描いた冒険ものですが、作中で焼きソーセージなど様々なドイツ食が登場するのも魅力の名作です。さてそのソーセージ、ドイツ語での名称は「ヴルスト」。本場ドイツには様々なヴルストが存在します。その名称や由来を学んでみましょう。

    掲載日:2015年03月17日ドイツ語
  • クラシックファン必見!ドイツ語の音楽用語

    クラシックファン必見!ドイツ語の音楽用語

    バッハにベートーヴェン、モーツァルトにシューベルト。ドイツ語圏はクラシック音楽大国であり、現在でもウィーンフィルやベルリンフィルといった名楽団の演奏を聴きに多くの日本人観光客が同地を訪れています。また、ドイツやオーストリアの音大で学ぶことを夢見る音楽学生も多いでしょう。今回はその音楽関係の語彙、特にクラシックのものをご紹介しましょう。

    掲載日:2015年02月17日ドイツ語
  • 「ありのままの今」を生きる!「超人」ニーチェの言葉

    「ありのままの今」を生きる!「超人」ニーチェの言葉

    「神は死んだ」、「ルサンチマン」に「スーパーマン(超人)」。ニーチェの著作を読んだことが無くとも、ニーチェから広まった言葉に触れたことがある人は多いでしょう。キリスト教を辛らつに批判し、時にナチズムへの影響が口にされる。にもかかわらず、ニーチェの言葉は洋の東西を問わず未だ人を魅してやみません。その魅力とは、一体どこにあるのでしょうか?

    掲載日:2015年01月15日ドイツ語