現代思想の寵児が送った波乱に満ちた生涯

Nietzsche

フリードリヒ・ニーチェ (1844 - 1900)

フリードリヒ・ニーチェFriedrich Nietzsche)といえば19世紀後半に活躍したドイツの哲学者。「神は死んだ」、「超人」、「力への意志」、「ルサンチマン」、そして「永遠回帰」といった挑発的な概念や警句を世にもたらし、20世紀から今日にいたるまで最も大きな影響力を持つ思想家と見なされています。ハイデッガーにヤスパースら20世紀ドイツの哲学者、それにカミュ、バタイユ、フーコー、デリダ、ドゥルーズといったフランスの作家・思想家たちの仕事も、ニーチェの存在を抜きには考えられません。

その生涯は、1844年、当時のプロイセン王国の小村にルター派牧師の息子として出生。ボン大学、ライプツィヒ大学で神学と古典文献学を学び、特にショーペンハウアーの哲学とワーグナーの音楽に熱中します。優秀さを認められ24歳にしてスイス・バーゼル大学の古典文献学教授に招聘。1872年、第一作となる『悲劇の誕生』を出版。その後も問題作を発表していきますが、頭痛などの慢性的病気のため1879年教授職を辞職。以降在野で『ツァラトゥストラはこう語った』『道徳の系譜』等を執筆。1900年、肺炎により55歳で死去。生涯独身であり、遺稿は世話役であった妹エリーザベトの手により編集・出版されています。これがニーチェの著作をナチスの手にもたらすことになってしまいました。

熱心な牧師の家庭に生まれ育ちましたが、学生時代にはキリスト教の信仰から離れ、のちには公然たる反キリスト者に。学生時代に熱中したショーペンハウアーの哲学、ワーグナーの音楽とも袂を分ち、生涯独身で病弱、晩年は精神も病んだと言われています。著作の多くは論文ではなく断章形式で表され、その所々に女性やユダヤ人、弱者をおとしめる記述も。

今日の私たちが知るいわゆる「良識」から程遠い思想家ニーチェ。その魅力はどこにあるのでしょうか。

「武士道」を例にわかりやすく解説! 「系譜学」とは?

Der Sklavenaufstand in der Moral beginnt damit, dass das Ressentiment selbst schöpferisch wird und Werthe gebiert: das Ressentiment solcher Wesen, denen die eigentliche Reaktion, die der That versagt ist, die sich nur durch eine imaginäre Rache schadlos halten.“ ("Zur Genealogie der Moral", I-10)
「道徳における奴隷蜂起は、ルサンチマンそのものが創造的になり価値を生み出すことで始まる。このルサンチマンとは、本来の反応、つまり行動というあるべき反応が出来ず、ただ想像による復讐でのみ埋め合わせをするような者のルサンチマンのことだ」 (『道徳の系譜』(第1論文10節))
まずは主著の一つ『道徳の系譜』(Zur Genealogie der Moral/ツァ ゲネアロギー デア モラール)からの一節を。表題に示されているとおり、この書で扱われているのは「道徳Moral)」、それもキリスト教の倫理。もちろん「反キリスト者」として知られたニーチェ、そこでなされるのは仮借ない批判ですが、そのために用いられるのがこれも表題に記される「系譜学Genealogie)」なのです。

「系譜学」とは耳慣れない用語かもしれません。ギリシャ語のgeneá(誕生、発生、由来)から造られた語で、特にニーチェのこの書以来、道徳などの価値・規範の本来の成り立ち、その起源を、歴史学や文献学の手法を用いて批判的に暴き出すことを目的とした学とされます。

ここで問題とされる由来や成り立ちとは、歴史の教科書で「キリスト教の成立」として説明されるようなものではなく、むしろその影で隠蔽されているもの。すなわち「ルサンチマンRessentiment)」、つまり傷つけられた自意識、怨恨、復讐心に他なりません。自分たちを虐げる者(例えば当時のローマ人)に対し力で立ち向かうのではなく、「想像による復讐(eine imaginäre Rache)」で報復する弱者の知恵、それこそキリスト教という道徳上の「奴隷蜂起(Sklavenaufstand)」を生み出し、育んで来た根本要因なのだ、と。ニーチェは系譜学という手法によって、キリスト教会が説く「汝の敵を愛せ」や「貧しき者は幸いである」といった福音の上っ面を剥ぎ、その底にうごめく暗い情念をその教えの「正体」として引きずり出すのです。

キリスト教では分かりにくいという方のために、現代日本でよく口にされる「サムライ」という言葉で考えてみましょう。「武士道」に由来するこの言葉、禁欲的にして鍛錬を怠らぬ勇敢な者の代名詞として、周知のように今日では特に優れた日本人スポーツ選手やチームの形容とされています。

ではその「武士道」とは本来どのようにして成立したのでしょうか? その社会規範としての成立期は、実は実際に武士が活躍していた戦国の世ではなく、江戸時代のこととされています。江戸時代といえば基本的に天下泰平、平和の時代、鎖国により外敵もありません。つまりもはや「武士」が必要でなかった時代のはず。ならば彼らの大半は刀を捨て、鍬や算盤を手に生涯を過ごしても良かったのではないのでしょうか?

ところがそうはなりませんでした。彼らは「武士」という職業に固執し、かつ「士農工商」という用語に示されているように社会の最上階級に留まることを欲します。戦乱の時代ならともかく、平和な時代に「軍人」が一番デカイつらをしているというのは、考えてみればおかしな話ではないでしょうか。それを可能にするために、必要とされたのがこの武士「道」というイデオロギーなのです。つまり武士道とは、実際の「戦士」としての武士が消滅した後に、その身分を道徳ないし美徳という姿でなお確保し、サムライを一種の「司祭」として生き延びさせるために練り上げられた教義というわけです。

キリスト教であれ武士道であれ、「道徳」が世に広める教えは耳に心地よく響きます。まさに今日、「サムライ」という言葉が我らが国民を熱狂させているように。しかし実際にその仮面の背後に込められているのは、特定の者たちに都合の良く作られた利害や権力関係。ニーチェのいう系譜学はそうした道徳の実体を暴き出すことで、「あらゆる価値の転換Umwertung aller Werte/ウムヴェーアトゥング アラー ヴェーアテ)」を可能とするのです。

次のページでは『ツァラトゥストラ』で語られる「永遠回帰」について説明します。>>>