簡単!メキシコの卵料理「ウエボス・ランチェロス」

所要時間:30分

カテゴリー:ソーストマトソース

 

簡単!おいしい!メキシコの卵料理「ウエボス ランチェロス」

メキシコの朝ごはんは?と聞かれて、まず思い浮かべるのは、トルティーヤ(トルティージャ)に卵をぽとんと落として焼き、辛いサルサで軽く煮込んだ「ウエボス・ランチェロス」。

トルティーヤは、とうもろこしから作られるメキシコの主食。サルサはメキシコ料理の要となる、唐辛子をつかったものが多いソースのこと、そこに、世界中で愛されている卵という、メキシコ人にとっては、馴染みのある食材ばかりを組み合わせている料理とあり、メキシコでは至るところで目にします。

今回は、サルサを手作りし(作りやすいようにアレンジしています)、トルティーヤもメキシコ同様、とうもろこしで作られたものを使いましたが、サルサは瓶詰のものでも、お好みのトマトソースに唐辛子ペーストやタバスコを加えたものでもOK。トルティーヤも小麦粉から作られたフラワートルティーヤを使っても大丈夫。

ソースをすったトルティーヤと半熟卵の組み合わせがとにかく美味なので、休日の朝ごはんなどにおすすめ。もし、とうもろこしから作られたトルティーヤを見つけたときには、ぜひそちらでもお試しくださいね。とうもろこしの芳醇が香りがとにかくたまりませんから。

「ウェボス・ランチェロス」の材料(1人分

簡単!メキシコの卵料理「ウエボス・ランチェロス」
トルティーヤ 2枚
2個
サルサ 120~130g(サルサ・ランチェラ)
オリーブオイル 適量(サラダ油でも可)
サルサ・ランチェラの材料
トマト水煮缶 1缶
たまねぎ 1個(みじん切り)
ニンニク 1片(みじん切り)
スープストック 300cc
青唐辛子 中1本(鷹の爪でも可)
少々
オリーブオイル 適量
青唐辛子の量は目安になっています。お使いになる青唐辛子によって辛さや大きさがさまざまですので、お好みに合わせて調整してください。

「ウェボス・ランチェロス」の作り方・手順

簡単!メキシコの卵料理「ウエボス・ランチェロス」

1:

サルサ・ランチェラを作る。鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、香りが出たら玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしたら、トマト缶、コンソメスープを加え、15~20分ほど煮る。途中アクがでるようならとる。ハンドミキサーなどでなめらかにし、青唐辛子のみじん切りを加えて塩で味を調える。
トマトのゴロゴロとした食感がお好きなかたは、ハンドミキサーなどにかけなくても結構です。

2:

フライパンにオリーブオイルをしき、トルティーヤを両面焼く。卵を落とし、弱火で白身がある程度固まるまで火を通す。

3:

サルサをトルティーヤにかけ、下にも流しこみ、蓋をして火を通す。黄身が好みの固まり具合になったら器に盛る。お好みで香菜、削ったチーズをのせる。

ガイドのワンポイントアドバイス

メキシコではこの料理に黒こしょうは使いませんが、唐辛子の代わりに黒こしょうを使ってもよいと思います。辛いものが苦手なかたやお子様がいらっしゃるご家庭では、サルサに唐辛子は加えず、「ウエボス・ランチェロス」を作るときに、個々の好みに応じて唐辛子ペーストやタバスコなどを加えるとよいと思います。ちなみに、メキシコでは、卵を固めに仕上げたものが好まれています。日本とは違いますね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。