↑ 椅子の裏側からも、合板とスチールパイプの組合わせの美しさがワカル!


人の身体を支える座と背、それ等を支持する脚と背骨の素材を変えることで明解なカ・タ・チが表現された。
実際に身体が触れる所は、包み込むように緩やかに優しく合板を3次曲面に成型し、脚と背骨は逆に「こんなモノでどう?」って、単純で割切ったデザインになっている。

スチールパイプといえば、フランス人デザイナー、Jean Prouve´(ジャン・プルーヴェ)氏のそれとは大違いである。
スチールパイプをつぶしたり、いぶしたり、うねらせたり、スチールそのものが造形の素であったプルーヴェ氏に対して、Eames氏は単純な構造と構成、スチールをまるで針金細工のように扱っている。

↑ (左)DCMの背板を支える背骨(スチール)に比べて(右)LCMのソレは背板の角度に合わせて軽く角度をつけている・・・・・微妙なラインに対するEames 氏の感性が見えてくる



さて次回は、DCMに続いてLCM(Lounge chair Metal Legs)の美しいディテールを、ズームアップしながらご紹介しよう。

■UP#012
DCM/Dining Chair Metal Legs

・1946製作/米国
・SIze  :W 505 D 540 H 760/SH 464
・Material:Plywood ・カラー:Light ash , Black , Walnut ,Natural Cherry
・Designer:Charles & Ray Eames/チャールズ&レイ・イームズ
・Product :Herman Miller,USA
・Shop  :hhstyle.com
・Price  :¥72.000-






●椅子やファニチャーデザインのコラムを!・・・『ファニチャーメルマガ』をお楽しみ下さい。
★ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!



●一家一脚・椅子物語バックナンバー
■#023/今世紀初頭を投影する危うい椅子
■#022/「和」のデザイン、格子の椅子
■#021/ステイタスシンボルとしての椅子
■#020/皮膚のように封印した椅子
■#019/ポップアート化した最初のソファ
■#018/浮遊感漂う氷解のソファ
■#017/『建築家』を決意した椅子
■#016/段ボールの塊が変身した椅子(下)
■#016/段ボールの塊が変身した椅子(上)
■#015/椅子取材裏話『グッと寄って!』
■#014/殻をやぶったピュアーな椅子(下)
■#014/殻をやぶったピュアーな椅子(上)
■#013/中国を想い慕って創造した椅子
■#012/続・戦争から生まれた椅子(下)
■#012/続・戦争から生まれた椅子(上)
■#011/スチールと格闘した先駆者の椅子
■#010/学生が一脚ずつ所持した椅子
■#009/ゆ~らゆら、心も揺れるスツール
■#008/戦争から生まれた椅子(下)
■#008/戦争から生まれた椅子(上)
■#007/日本を愛したフランス人の椅子
■#006/建築のアクセサリーとしての椅子
■#005/独身者?のための椅子(下)
■#005/独身者?のための椅子(上)
■#004/陰影が美しい「生きる」椅子(下)
■#004/陰影が美しい「生きる」椅子(上)
■#003/一筆書きの温もりのある椅子(下)
■#003/一筆書きの温もりのある椅子(上)
■#002/どぉ~ンとあぐらがかける椅子
■#001/ケネディを大統領にした椅子(下)
■#001/ケネディを大統領にした椅子(上)


☆全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。


(C)2001-2006 Copy Right by イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE)& Photo by 渡邊 和俊(KAZUTOSHI WATANABE) All rights reserved



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。