ダイニングテーブルのサイズ選び:4人掛け

ダイニングテーブルのサイズ選び:4人掛け

ダイニングテーブルを選ぶ時って何を基準に考えていますか。もちろんご自身のインテリアスタイルにあったものを選ぶのは大切ですが、イメージだけで選んでしまうと、「食事をするときに窮屈」であったり、「食べるときの姿勢がツライ」などといった困ったことも起こります。今回はダイニングテーブルを選ぶ時、要チェックの寸法について考えましょう。それぞれの問題にチャレンジしてみてくださいね。!
※長さの単位はcmです。
   

ダイニングテーブルのサイズの目安は?

4人掛けのダイニングテーブルを選ぶ時、下の図のどちらを選びますか?
 
A:ダイニングテーブル
巾120cm奥行き80cm
B:ダイニングテーブル
巾105cm奥行き80cm
 

ダイニングの大きさ=1人分の必要寸法×人数

ダイニングテーブル
1人分に必要な寸法は約巾60cm奥行き40cm。4人掛けテーブルの目安は巾120cm奥行き80cmとなります。
答えは【A】
4人掛けのダイニングテーブルには巾120cm、奥行き80cmは必要です。

食事をするときに必要となる1人分の寸法ってご存知ですか?食器が並ぶ寸法と隣の人と肘がぶつからないで食事をすることを考慮した、一人分の寸法は巾60cm奥行き40cmです。

この寸法を基準にダイニングテーブルの大きさを考えると、4人用のテーブルは120cm×80cm、6人用で180cm×80cmとなります。これは最小限の寸法ですので、食卓に大きなお皿が並ぶことが多いのであれば、もう少し余裕が欲しいところですね。また囲み型になる場合には、6人掛け用では、160cm×90cm程度は必要となります。
ダイニングテーブルundefinedサイズ

6人掛けの180cm×85cmのダイニングテーブル。椅子を対面で配置するとフォーマルな雰囲気になりますね。ダイニングテーブル&チェア:柏木工 エレスシリーズ

円形のテーブルでは、1人分のスペースの目安は、60cm~70cmとなります。4人掛けではテーブル直径100cm、6人掛けではテーブル直径120cmくらいあると窮屈に感じることなく、食器を置くスペースも十分にとることができます。
ダイニングテーブルundefinedサイズ

径105cmの円形テーブル。4人でゆったりと食事がとれます。同シリーズには更にエクステンション機能があるものもあり、広げると165cm×105cmの6人掛けテーブルに変身。ダイニングテーブル&チェア:カンディハウス ルントオムシリーズ

 

ダイニングテーブルの高さってどれくらい?

ダイニングテーブルを選ぶ時って高さもチェックしていますか?写真のダイニングチェアとダイニングテーブルを見てください。
ダイニングテーブルundefinedサイズ

ゆったりと過ごせそうな大振りのダイニングチェア。この椅子に合うテーブルの高さは?椅子の寸法は、W65.4×D59.2×H76.6・SH43・AH63です。ウォールナット材を使った高級感あるダイニングテーブルとチェアは柏木工のボスシリーズ。

この ダイニングチェアの座面の高さは43cm。この椅子に合わせたダイニングテーブルの高さは?
【A】70cm
【B】75cm
どちらでしょう?
 

テーブルの高さは椅子との組み合わせが決め手

答えは【A】
70cmのテーブル高です。

外食したときに、「食事がしにくいなぁ」と感じたことはありませんか。この原因の一つはテーブルの高さと椅子の座面の高さがあっていないため。 テーブルの高さと椅子の座面の高さは、密接な関係があります。

椅子の座面とテーブルの甲板面との高さの差を差尺といいます。食事のときに、食べやすい姿勢を保つための差尺は、座高(※)の1/3より2~3cm差し引いた寸法が目安になります。大体27
cm~30cmくらいと考えれば良いでしょう。
※座高は身長×0.55が目安になります。

日本で作られる椅子の座面の高さは、40cm前後のものが多く、テーブルの高さも70cm前後がほぼ大半です。これは日本人の使い方や体型を考えて作られているから。このごろは、ゆったりとくつろげる、低めのダイニングテーブルセットも人気が出ています。
ダイニングテーブルundefinedサイズ

食事だけでなく、リビングでのくつろぎ感も兼用できる座面が低くゆったりと座れるLDチェアも人気があります。こちらは座面高さは40cmですが、座のクッションをたっぷりと取っているので沈み込みを考慮し、テーブル高さは62cmくらいがお薦め。カリモク:C62モデル

海外から輸入したテーブルには、75cmくらいの高さものもあるので要注意!輸入のテーブルは、外国人の生活や体格に合わせて作られているため、テーブルも椅子の座面も高さが高い傾向にあります。

購入の前には必ず、靴を脱いで(※)椅子に腰掛け、テーブルの高さをチェックしてくださいね。
※ここはポイント!家の中では靴を履きません。靴を履いた状態では、ちょうど良くても実際に使ったときに、高すぎることがあるのです。
 

椅子をすっきり収められるのはどっち?

テーブル

シンプルなデザインと上質な素材を使い、超ロングセラーです。カンディハウス:ボルスシリーズ。 テーブルサイズはW180×D93×H67 幕下58 脚内154.5だとすると。

チェア

ボルスシリーズのダイニングサイドチェアのサイズは W58×53×H74 SH39


写真のテーブルとチェアの組み合わせで、使わない時には、テーブルの下にすっきりと収めたい場合、テーブルの片側に並べて置ける数は、次のABのうちどちらでしょうか?
【A】3脚
【B】2脚
 

脚と脚の間に要注意

答えは【B】
テーブルの下には3脚は収まりません。
椅子の巾が58cm。3脚並べると174cmになります。テーブルの脚内寸法は154.5cmなので不可です。

テーブルの甲板の大きさは、きちんとチェックしても、テーブルの脚と脚の間の寸法は見落とし勝ち。椅子を使わない時にはテーブルの下に入れ込めたほうが、部屋はすっきりと使えます。最近は脚内寸法がカタログに明記されている場合が多くなりました。
ダイニングテーブルundefinedサイズ

3脚並ばない場合は、囲み型に配置します。同じシリーズの色違いのテーブル。雰囲気が変わりますね。

また、椅子にアームがある場合、アームの高さと、テーブルカウンターの下の空き寸法もきちんと確認しましょう。アームがぶつかって収まらないこともありますから。上の写真のテーブルの場合、天板下高さは、67cmあります。同シリーズのアームチェアのアーム高さは57cmですので、天板下に収まります。

いかがでしたか。今回はダイニングテーブル自体の寸法を考えてみました。ダイニングテーブルの大きさ、高さは、セレクトの際に見落とせない寸法ですので、購入前にはしっかりチェックしましょう。また、実際に使う椅子の収まり具合もよく見てくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。