毎日、無意識に行っている「座る、腰掛ける」という動作

座るという行為は、日常、あまり意識しなくても行っている動作ですよね。朝起きてベッドを椅子がわりにして腰掛け眠気をさまし洋式の便座に座ります。そして朝食をダイングテーブルにある椅子に座って食べ、自動車や自転車、バイクのシートやサドルに座って(あるいは跨って)駅まで行き、電車のシートに座ります。

オフィスでは、デスクワークならばオフィスチェアに座りPC作業をして、ランチに職場近くの飲食店の椅子に座ったり、打ち合わせで外の喫茶店の椅子に座り商談したすることもあるでしょう。また、他の会社を訪ねて、受付の椅子に座って担当者がやってくるまで待ち、会議室に案内されて、そこでもミーティング用の椅子に座ります。

公園では営業マンと思われる人がベンチに腰掛けて資料に目を通しながら休憩していたり、繁盛しているラーメン屋さんの前にはスツールが置いてあって座って順番を待っている、そして若い人が道路脇の低い縁石に腰掛けてスマホをチェックしたり、おしゃべりしているし、なかにはガードレールにもたれていたり、つわものはガードレールの上に座っていたりします。
まちスマホ

上はコンビ二の前にあったビールケースに座ってスマホを操作する人。ビールケースは居酒屋などでもスツールに転用されていたりしますね。高さは30センチでちょうどいい感じ。下は公園の植え込みの立ち上がり部分に腰掛ける人たち。このように、ある程度の高さがあれば、なんでも「腰掛け」になります。

夜は会社の友人と居酒屋に行って畳敷きの小上がりで胡坐(あぐら)をかいて、お酒を煮見ながらリラックス。または映画館に行って座ってロードショーをみたり、劇場で演劇をみる人もいます。一方クラブなどで「座らずに」スタンディングでダンスや音楽を楽しむことも……。でも帰りの電車でシートが、あいていると「座れてよかったね~」という会話をかわすことは、よくあるでしょう。
電車しーと

電車のシートの例。朝のラッシュ時には、めったに座れません。混雑時には座れたとしても降りれなくなることもありますが…。

こうした、座る、腰掛ける、胡坐をかく、そして「しかたなく」または「積極的に」立つ、といった動作は日常行っていますね。それが無自覚なのか意識的なものかは、あまり考えないでしょう。
でも「このバス座り心地わるいな」とか「おいしい寿司屋なんだけどカウンターの椅子が座りづらい」といった経験はあるのではないでしょうか。

一方、「立ち食い蕎麦屋」や「立ち飲み屋」といった「座らない」飲食店もあったり、どうしても見たい映画やコンサート、スポーツ観戦では「立ち見」でもかまわない、むしろ立っていた方が居心地よかったりする場合もあるので不思議。こうしたことを考えていると「座る」「立つ」の関係がよくわからなくなりますよね。

「椅子に座る」って普通に使うけれど……

そこで、「座る」の語源を辞典で調べてみました。「座る」は、落ち着いて動かないこと。「据わる」と同語源で「居ても立ってもいられない」というように、かつては「立つ」の対義語は「居る」だったのです。「居る」が「存在する」という意味から「据う(すう)」になり、さらに「すわる」となました。そして「すわる」が「立つ」の対義語として使われるようになったそう。(参考:「語源由来辞典」)

また、同じ「語源由来辞典」によると、漢字の「坐」は「人+人+土」で、地面に尻をつけること。一方「座」は「广」(漢字の部首で「まだれ」で「家」を意味する)に「坐」を屋根をかけるように足したもので、本来は「家の中で人が座る場所」という意味。

こうやって調べると、日本には最初、腰掛けるという概念があまりなかったことがわかりますね。

「坐」では地面にお尻をつけていたし、「座」では家が出てきますが「場所」としています。「腰掛や椅子」に座る文化は日本には、あまりなかったことが想像できます。日本人のDNAなのか、たまに和風の旅館に行って畳に座るとホッとしたりしますよね。
和風の旅館

いつもワーキングチェアで仕事をしている人は、こんな畳の和風旅館でくつろぐと「日本ってイイなー」と思いませんか。

さらに国語辞典で今の「すわる」の意味を調べてみました。「すわる【座る・坐る・据わる】膝(ひざ)を折り曲げたり、腰をかけたりして席につく。 「畳に-・る」 「いすに-・る」(出典:大辞林 第三版より抜粋)」。
やっと「椅子に座る」が出てきました。

座ることについて考えているうちに前置きが長くなりました……。次のページから本題の「椅子の座面の高さ=シートハイ(SH)」について考えてみます。