「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅」という言葉、聞いたことはありませんか? サプリメント同様、フルーツにも効果を発揮しやすいタイミングや摂り方が存在します。せっかく食べるなら、身体や肌のために最も良いパフォーマンスをもたらす食べ方をしたいもの。そこで今回は、フルーツを賢く摂る方法について、ご紹介します。
1

フルーツを効率的に食べる方法とは?



なぜ「朝のフルーツは金」なのか?

7

ビタミンをたっぷりチャージ!

フルーツは朝食べるとベスト。昼、夜と時間が経つにつれ、その効果も薄れてしまう、という意味を表しているのが、「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅」という言葉。

その効果とは、エネルギー消費を表しています。果物には、果糖やブドウ糖などエネルギーに変換されやすい糖分が多く含まれているので、朝食べればすぐに、身体や脳を活動的な状態にしてくれるのです。


朝フルーツでデトックス!

4

和朝食派の方も是非お試しを。

朝~正午までの時間帯は身体のデトックスタイムと言われており、朝からガッツリと炭水化物や肉・魚などを摂ると、その消化のためにエネルギーが使われてしまいます。

ちなみに、通常の食事が胃から腸へと届くのは、2~4時間。一方、フルーツはおよそ30分ほどで腸まで届くと言われています。

身体のデトックスがスムーズに行われるためにも、朝に消化の良いフルーツを食べるのは良いことです。

また、フルーツには酵素がたっぷり。朝から酵素をたくさん摂取することで、朝~正午にかけてのデトックスタイムを有効に使い、健康をサポートしてくれるのも朝フルーツのメリットです。


朝フルーツでダイエット!

2

たくさん食べても大丈夫!

最近流行りの『朝フルーツダイエット』。これも、朝にフルーツを摂ることで、効率的に身体の働きを整える効果があることで注目されています。

方法としては、朝食(もしくは週末の食事)をフルーツオンリーにするというもの。摂取カロリーが抑えられるだけでなく、便秘も解消し、腸内の働きがスムーズになります。

朝ならフルーツは好きなだけ食べて良いということで、ストレスフリーな方法としても人気です。但し、コンデンスミルクを掛けたり味付けするとカロリー過多になってしまうので、素材そのものの味を楽しみましょう。