北欧アンティーク雑貨の宝庫!
おもちゃ箱のようなノルウェーのレストランで、美味しい時間

カフェクリスチャニア

店内に入ってみると、ビックリ! そこはまるで、雑貨博物館のよう


カフェクリスチャニア

王宮、オスロ市庁舎、グランド・ホテルなどの観光スポットからアクセスしやすい位置にある

国会議事堂のすぐ隣にある、丸いデザインが印象的な外観のレストラン「カフェ・クリスチャニア」。

カール・ヨハン通りにある地下鉄の国会議事堂駅(ストールティンゲ/Stortinget)駅から徒歩1分のところにあるので、観光客にとってはアクセスのしやすい場所にあります。



1900~1960年代のノルウェーデザインが大集合

カフェ・クリスチャニア

今は目にすることのない昔のお店の看板や、「一体これはナニ!?」という北欧アイテムがいっぱい


カフェ・クリスチャニア

ノルウェーでは定番のチョコレート会社「フレイア」の巨大な看板。一昔らしさが伝わってきます

2005年にオープンしたカフェ・クリスチャニアには、座席数が280席あり、「クリスチャニア」は首都オスロの旧称として知られています。

それぞれのテーブルが設置されたコーナーには、壁にはショップの昔の看板や広告、棚の中には小さな雑貨が所狭しと陳列されています。1900~1960年代のノルウェーデザインが中心となっており、スウェーデン語やデンマーク語のアイテムもちらほら。

日本ではまだまだ未発掘の懐かしい北欧デザインが大量にあり、雑貨やデザイン好きにはたまらない空間となっています。

まだまだ続きます! 写真で見る、ノルウェーデザインたち。