ドライヤーよりも自然乾燥のほうが髪へのダメージが大きい

ドライヤーの使い方とは?

ドライヤーは髪を傷める?

 
「ドライヤーは髪を傷めるから自然乾燥しています」という声を良く耳にしますが、髪が濡れた状態はとても無防備。ダメージを受けやすいので入浴後、出来るだけ早く乾かす事が大切です。また髪の表面にあるキューティクルは濡れたり、温めたりすると開く性質を持っているので、せっかくトリートメントやコンディショナーでうるおい成分を補っても、キューティクルが開いた状態だと成分が流出してしまいます。

さらにキューティクルが開いた状態で摩擦を加えるとキューティクルが傷ついてしまうので「髪がボロボロ……」なんてことにも。実はドライヤーよりも自然乾燥のほうが髪にはダメージが大きいのです。 
 

ドライヤーの正しい使い方でキューティクルを整えて髪のツヤUP

髪は摩擦、熱、紫外線、静電気でダメージを受けてしまうので、摩擦や熱がかかるドライヤーはやり方を間違えると髪を傷つけてしまうのも事実ですが、正しく行えば髪のツヤをアップさせることが出来ます。その証拠にヘアサロンでブローしてもらった後は髪がツヤツヤになりませんか? それは髪を乾かすだけではなく、ドライヤーでキューティクルを整えているから。キューティクルを整えると髪のツヤがアップするだけではなく、バリア機能も高まりダメージを受けにくい髪に仕上がります。

「でも、キューティクルを整えるって難しそう」と思うかもしれませんが、これが意外と簡単。キューティクルは根元から毛先に向かって、うろこ状に重なっているので、その方向を意識する事と、冷やすと閉じるキューティクルの性質を利用して、最後に冷風を掛けるだけ。この2つだけでキューティクルが整い髪のツヤがアップします。
 

ドライヤーは使い方だけでなく、選び方も大切なポイント

どんなドライヤーを使うかも大切

どんなドライヤーを使うかも大切

ドライヤーの使い方ももちろん重要ですが、選ぶアイテムもとても大切です。髪に負担をかけずに髪のツヤを引き出すように乾かすには、熱ではなく風力で乾かすことがポイント。くるくるドライヤーや旅行用の小さい物は出来るだけ避けて、風量の大きい物を使い短時間で乾かすことが大切です。

ドライヤーの風量はワット数で決まると思っている方もいますが、ワット数はあくまでも電力を表しているだけで、正確に風量を確認することは出来ません。ドライヤーの風量は「1分間にどれだけの体積の風を出せるか」という単位(m3/分)で決まります。選ぶ目安としては1.3m3/分以上の物をおすすめします。
 

ドライヤーの使い方! ヘアケアもできて髪のツヤがアップ

1. タオルドライ
ドライヤーをかける前にタオルで髪と頭皮の水分を取り除きます。この時に髪を擦らずにタオルを押し当てて水分を取り除きましょう。タオルドライでしっかりと水分を取り除いておくことでドライヤーの時間を短縮でき、髪への負担を軽減します。
タオルドライ

タオルドライ

2. 髪をかき分けて頭皮から乾かす
まず髪をかき分けて頭皮に直接風を当てて頭皮から乾かします。頭皮や髪が熱くならないように1ヵ所に長時間当てないようにします。また髪を揺らすのではなくドライヤーを揺らすことで髪への摩擦を抑えます。
頭皮から乾かす

頭皮から乾かす

3. ドライヤーは20cm離して
ドライヤーは髪から20cm離し、キューティクルの方向にそって根元から毛先に向かて風を当てます。根元から毛先に向けて手グシをする事でキューティクルが整いツヤがアップします。髪が8割乾いたら冷風にして髪を冷やし、キューティクルを引き締めます。
ドライヤーは20cm離して

ドライヤーは20cm離して

4. ブラッシングで仕上げ
ドライヤーで髪を乾かしたら最後に根元から毛先に向かってブラッシングします。ブラシは目の詰まった猪毛や豚毛の物がおすすめです。ただしダメージが酷い方はブラシを控えて手グシで行ってください。
仕上げのブラッシング

仕上げのブラッシング


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。