組織マネジメントは「組織」を「円滑に運営する」ためのノウハウ

「組織マネジメント」とは、字面通りに解釈するなら「組織を上手に扱う事」「組織を円滑に運営すること」という意味になります。「組織」とは人が二人以上集まって同じ目的をもって一緒に動く集団であり、それを「上手に扱う」「円滑に運営する」ためには様々な知識やノウハウが必要になってくるのです。

「組織マネジメント」を考える際に役に立つ道具として、マッキンゼー社が提唱し一般に普及した「組織の7S」というフレームワークがあります。
これは組織を、それを動かす基盤となる頭文字「S」の7つの経営資源に分解して表すことで、各資源や資源間のかかわりの改善に役立て、全体を有機的かつ整合性をもって動かすためのツールとして活用するものです。
   

組織の7Sとは

「組織の7S」を構成する経営資源は具体的に、
・ 「戦略(Strategy)」
・ 「組織(Structure)」
・ 「社内システム(System)」
・ 「スキル(Skill)」
・ 「人材(Staff)」
・ 「スタイル・社風(Style)」
・ 「価値観(Shared Value)」

です。

この7つは、ハード的経営資源とソフト的経営資源の2種類に分けられ、「組織」「戦略」「社内システム」の3つが「ハードの3S」、「人材」「スキル」「スタイル・社風」「価値観」の4つが「ソフトの4S」と分類されます。

「組織の7S」の関係を図に表すと下記図の様になります。
 
組織の7Sモデルとは

組織の7Sモデルとは


7つの経営資源はそれぞれが相互に影響をしあう関係にあり、その中心に位置するものが「価値観」です。
「価値観」は組織の存在基盤を支える考え方であり、「組織マネジメント」にかかわる意思決定の方向や行動の優先順位等に大きく影響を及ぼすため、他の経営資源を含めた「組織の7S」全体を捉える上で極めて重要な存在であると言えます。