器具を使ったファンクショナル・トレーニング

今回は、器具を使って行うファンクショナル・トレーニングについてご紹介します。ファンクショナル・トレーニングで使う器具は、いわゆるフィットネスマシンのような大がかりなものではなく、持ち運びしやすく、自宅でも使えるものが多いのが特徴です。器具というより、「トレーニングツール」という呼び方のほうが適しているかもしれません。その代表的なツール2つと、それらを使ったトレーニングの様子をご紹介していきます。

ファンクショナル・トレーニング用ツール(1) TRXサスペンション

「たったこれだけで?」と、つい疑いたくなるが、本当にこれだけで数百通りのトレーニングが可能。体位を調整することで、負荷も変えられる

「たったこれだけで?」と、つい疑いたくなるが、本当にこれだけで数百通りのトレーニングが可能。体位を調整することで、負荷も変えられる

「TRXサスペンション(以下、TRX)」は、ファンクショナル・トレーニングで使用する代表的なツールです。元々は、アメリカ海軍の特殊部隊が、孤島での訓練中にパラシュートのコードを使って全身の筋肉を鍛えていたことから考案されました。今ではプロのスポーツ選手にとって、なくてはならないツールといえるくらいにまで浸透しています。

TRXは、一端をバーなどに巻きつけて固定し、そこからぶら下がった二股のストラップに、手や足をはめてトレーニングを行います。この状態でトレーニングを行うと、ストラップにはめた手、もしくは足は常に不安定になるため、体を支えようと、腕や足だけでなく全身の筋力や持久力、バランス、柔軟性などが総合的に鍛えられるのです。もちろん、コアマッスルも十分に刺激されます。

不安定なハンドルで全身を支えることで、筋力とバランス力などを総合的に強化することができる

不安定なハンドルで全身を支えることで、筋力とバランス力などを総合的に強化することができる

通常、マシンを使った筋力トレーニングでは、ターゲットとなる部位だけしか鍛えることができません。腕の筋肉を鍛えたいと思ったら、それに適したマシンを使う必要があります。ですが、TRXは1本で何百通りものトレーニングメニューを行うことができます。こうした利便性や、持ち運びやすさが、遠征などでトレーニング環境が変わることの多い、プロのスポーツ選手にうけているというわけです。プロでなくとも、TRXがあれば、自宅や出張先のホテルなどでも、気軽に全身のトレーニングをすることができるので、すでに愛用しているという人もいることでしょう。

もちろん、マシンにはマシンなりの良さがありますので、それを使ってトレーニングすることを否定するわけではありませんが、「短時間で効率良く」を第一に考えた時、このTRXはかなり優秀なトレーニングツールだといえます。


次のページでは、もう一つの代表的なファンクショナル・トレーニングツールである「ViPR」をご紹介します。