無添加で安心の手作りクリーム

■材料
  • 白色ワセリン(薬局で470円位)
  • 植物油:グレープシード・アーモンドオイル・オリーブオイルetc
  • 精油:ラベンダー・ティートリー・ローズetc
    ※植物油、精油はアロマオイル屋さんやLOFTやネットで手に入ります。
  • クリームを入れる容器
    ※100円ショップのものなど、お好みで。わたしは入れ替える手間を避けるため、ジャムの小瓶で作ります。

■手順
  1. 作りたい量の半分のワセリンを湯煎で溶かして、ワセリンと同量の植物油をさらに入れて、透明になるまで溶かす。
  2. お湯からおろし、精油を1滴入れ、冷めないうちに容器に移せば完成。
    ※ロウソクみたいに固まってきてしまうので急いでください!

座り仕事でむくんだ脚や肌の乾燥を癒すため、いままで色々なマッサージクリームを試しましたが、効果が高いとうたうものはなかなかのお値段がしますし、香りが好みでなかったり、謎の呪文のような成分表示で身体にほんとうに害がないのか不安があったりと、思うようにいきませんでした。

このクリームは、ネットの手作りスキンケアクリームを紹介するページで見つけたのですが、ご覧の通り、防腐剤等無添加。やり方も、チョコレートをとかす要領でとても簡単ですから、おススメです。

保存期間は1ヶ月程度で、つくる時は少量ずつのほうが無難。また、使うときは肌に合わない方もおられるでしょうから、必ずパッチテストを行う必要はありますが、いまのところ勧めた友人であわなかった人はいませんので、ぜひ一度、お試しください。

ワセリンクリームをお風呂上がりの習慣に!

このクリームのベースとなるワセリンは、乾いた冷たい肌の上では融けにくいですから、お風呂あがりや足湯の後、すこし水気をのこした状態で、手のひらであらかじめとかしてから肌の上を滑らせるようにお使いください。
また、どれだけ高性能なクリームでも、つづけて使用しなければ効果はでにくいので、お風呂上がりの習慣にしてつづければ、あなたの脚もきゅっと締まり、もちもち肌になると思います。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。