ムーミンの街へ小旅行

旅程中1日は、小旅行を計画するのも一案です。フィンランドと言えば、ムーミン。可愛らしいイメージが一般的ですが、じっくり鑑賞すると「大人向け?」と思えるほどに深いメッセージ性を含んでいることも……。

ヘルシンキから電車で片道2時間弱、大人も楽しめるムーミン探しの小旅行に出発しましょう。列車チケットは鉄道会社VRのウェブページから事前購入、またはヘルシンキ中央駅の窓口から当日購入がおすすめです。

VR train at Central Railway Station

ヘルシンキ中央駅からタンペレへ発車準備中の長距離列車


工業都市として発展してきたタンペレの景色は、ヘルシンキとは全く赴きが異なります。メインストリート、ハメーン通り(Hämeenkatu)を進む途中では屋内マーケットでのランチも手軽に楽しめます。

Tampere City Centre Buildings

タンペレらしい工業地帯跡が残る中心部


メインストリートの終わりを更に進むと見えてくるのがタンペレ市立美術館。併設のムーミン谷博物館こそ、大人が楽しめるムーミンアートの宝庫。精巧に作られた立体画はムーミンのストーリーを奥行きある見せ方で再現してくれます。よく見ると、ストーリーの背景に別の小さなストーリーが展開していることも……。白黒の原画も、カラーアニメの可愛いムーミンとひと味違った静けさが想像を掻き立てます。

<DATA>
Tampere Art Museum Muumin Valley
住所:Puutarhakatu 34, 33101 Tampere
電話番号:+358 (0)3 5656 6577
営業時間:火−金 09:00-17:00、土−日 10:00-18:00
入場料:大人8ユーロ 小人3ユーロ


>> 地元目線で満喫するフィンランド