ローカル目線で満喫するフィンランド

「遠出するよりのんびりしたい」という方には、地元目線で楽しむヘルシンキがおすすめです。

ショッピングをしに、メトロでヘルットニエミ駅へ行ってみましょう。駅から徒歩約10分のマリメッコアウトレットショップにはお洋服や雑貨、布地がお安く揃っています。

夏には、食材を調達してスオメンリンナ島でのピクニックを。マーケット広場からフェリーで片道約15分移動、島の芝生で地元食材を味見しながらのんびりランチ。短い太陽の季節を地元スタイルで楽しみましょう。

Suomenlinna picnic

スオメンリンナ島の芝生でピクニック中の地元の人々

<DATA>
スオメンリンナ島行きフェリー
乗り場:マーケット広場 Kauppatoriから直行
運行:毎日 6:00台から26:00台まで40-60分間隔で運行
料金:12時間乗り放題 大人 5ユーロ、小人(7-16歳) 2.5ユーロ
※ヘルシンキ市内のツーリストチケットが利用できます。


Himmeli making

伝統の藁細工、ヒンメリ作り

秋冬の暗い時期に旅をなさる方には、暗く寒い時間に外を歩き回るよりも、屋内でできるは手工芸体験がおすすめ。白樺かごやヒンメリ(藁細工)など地元に古くから伝わるクラフトを職人さんから習うことのできる個人ツアーもあります。日本語通訳付の個人ツアーは、フィンランドの旅行会社マイスオミ株式会社や私の運営するオフィスウタノでも取り扱っています。





直行便をご利用の場合、出発日のお昼過ぎまでが自由時間。予め朝のチェックアウト後にホテルのラゲッジルームにスーツケースを預けておき、お昼過ぎにはピックアップしましょう。ヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは公共バス/フィンランド航空シャトルバスで約40分。フライト時刻の3時間前にはヘルシンキ中心部からバスでご出発になると安心ですね。(夏の繁忙期は+1時間くらい見込む必要があります。)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。