加圧トレーニング後は疲労感がなく、すっきり!


加圧プロップ2

加圧トレーニングは重いおもりやマシンは必要ありません。軽量のダンベルや小さなボールなどでトレーニングをすることができます!

加圧トレーニングでは、低負荷でも高負荷のトレーニングのようにたくさんの筋繊維を使っているので運動中はつらく感じるかもしれません。ですが実際の負荷は小さいので筋繊維の痛み具合も最小限ですみます。しっかりトレーニングしているにもかかわらず、加圧なしのときに比べて運動後の筋肉痛がほとんどなく、運動前より身体がすっきり!が加圧トレーニングの特徴の一つです。

以上のように加圧トレーニングは加圧なしのトレーニングに比べてみても「短時間・短期間・低負荷」で「長時間・長期間・高負荷」のトレーニングと同等、もしくはそれ以上の効果が得られるトレーニング方法です。
 

『週に1回30分の加圧トレーニングと、週に2、3回のジムでの数時間トレーニング。あなたならどちらを選びますか?!』




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。