今回は自分が好きなゲームを選びました

ゲームソフトタワーの図

今年も楽しいゲームがたくさんありましたが、その中から5本選ばせていただきます

ゲームライターなんて職業をやって、ゲームの紹介をしておりますと、たまに「本当にこのゲームが好きで紹介してる感じがあっていいよね」みたいなお褒めの言葉をいただくことがあります。もちろん、そういった声は大変にありがたいですし嬉しいのですが、ガイドが好きなゲームを紹介している、というのは少々誤解がございます。

職業ゲームライターとしては、ゲームを紹介する時に、自分の好みというのは評価基準にはなり得ません。だからと言って面白くもないゲームを紹介してちゃあダメなんですが、誰にとって面白いのか、というのが大事でして、自分が遊んで面白いものではなく、このゲーム業界ニュースを読んでいただく方にとって面白いゲームがなんなのか、というのが重要になります。誰がどんな環境で遊んで、どう面白いのか、それをいつも考えてゲームを紹介している次第です。それがたまたま、自分が個人的に好きなゲームと重なる、という場面も当然あります。そんな時に、前述のようなお褒めの言葉をいただいているのかもしれません。

しかし一方で、「本当にそのゲームを好きになった人の声」がゲーム選びに大変有益な情報になり得るのも事実です。というわけで、あえて今回はガイドが実際にプレイして、なおかつ個人的に「これ面白いっ!」となったゲームをランキング形式で1位から5位までご紹介してみたいと思います。

選ぶ基準は、とにかくただ面白かったかどうかだけ。特別斬新なゲームだから取り上げる、とか、逆に、これは斬新すぎてオススメしにくいかも、とか、あるいは有名か無名か、そういうことは一切考慮に入れず、ガイドが好きなゲームか、ハマッたかどうかだけで選ばせていただきました。

第5位 GRAVITY DAZE

PSVitaの図

PSVitaを持っていたらぜひやってほしい1本です

早速ご紹介していきましょう。ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)からPlayStation Vita(以下PS Vita)用に2012年2月9日に発売された「GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(以下GRAVITY DAZE)」が第5位です。「PS Vita買ったら何のソフトを遊んだらイイ?」と聞かれれば、真っ先に挙げたいタイトルです。

GRAVITY DAZEは重力を自在に操ることができるアクションアドベンチャーで、あらゆる方向に落っこちることができます。ボタン1つでフワッと地面から浮遊、その状態でPS Vita本体を動かせば、ジャイロ機能でゲーム内のカメラも連動。そして狙いを定めてもう一度ボタンをおすと、その狙っている方向が「下」になるんです。主人公の少女キトゥンがものすごい勢いで落ち始めます。飛ぶんじゃないんです、空に向かって真っ逆さまに落ちるんです。アクションゲームを遊んでいて、高いところから落ちるのってちょっと気持ちいいじゃないですか。あれのものすごい奴です。どこにでも落ちられるんです。アニメチックで独特の色調のグラフィックがまた、ビュンビュン街を落ち回るのを楽しくさせます。

空に落ちることもあれば、ビルの壁面に墜落することだってあります、そうしたら横が下です、そのまま壁面を走っていけます。攻撃する時は敵に向かって落っこちます。猛スピードで落っこちながら重力キック! 空から地面の敵に重力キック、そのまま今度は横方向に地を這うような重力キック、さらには周りにあるベンチなんかを無重力状態にしてぶん投げる重力スロー。

ちなみに、音楽を担当しているのが田中公平さんという方で、ゲームではサクラ大戦、アニメでは機動武闘伝Gガンダム、キングゲイナーに勇者王ガオガイガーなど、屈指の燃え音楽を数多く作曲。このラインナップにピンときた方にもオススメです。音楽聴くだけでハートが燃え上がります。

続いて、4位と3位のご紹介です。