ニュースによって数字が違う?

売り上げお姉さん
同じような意味の言葉に思えても、実は全然違う数字のことをさしてたりするんです。
ゲームの売り上げ関連のニュースを読むときに、ニュースソースによって売り上げの数字が違うことがありますね? その理由のひとつに、「販売」と「出荷」という言葉の定義があります。販売と出荷というのは実は全然違います。そして、販売で発表するところと、出荷で発表するところがあるのです。

今回は販売と出荷という言葉の定義をはじめとして、ゲームソフトの売り上げニュースを見るときに知っておきたい点をいくつか挙げて説明して行きたいと思います。これを読めば売り上げニュースがぐっと分かりやすくなるはずです。

「販売」と「出荷」の違いとは?

販売というのはゲームソフトがお店で売れた数です。つまり実際にゲームユーザーが手にした数ですね。ただし中古の数は入りません。新品をユーザーが買った数がカウントされます。これに対して出荷というのは、ソフトメーカーから、問屋さんに卸した数です。つまり、ソフトメーカーが問屋さんに売った数。実際にユーザーが買うかどうかは関係ありません。

従って例えば、ソフトメーカーが100万本の出荷を宣言していても、実際に売れた本数は50万本しかない、なんてこともあるわけです。ここで「消化率」という言葉が出てきます。この消化率というのは、出荷したソフトの本数に対して、実際にユーザーが買った数の割合を言います。前述の例だと、消化率50%となるわけです。

この「販売」「出荷」「消化率」の関係が分かると、同じソフトの売り上げを見ても色々なことがわかります。

次は、この3つの言葉の関係をもうすこし具体的な例を出して解説してみましょう。