テレビゲームを脅かすのはカードゲーム?

対決するハードの図

ゲーム専用機とスマートフォンの対決はよく言われていますが、実はトレーディングカードゲームが台頭してきているんです。しかも、かなりコンピューターゲームと被る形で。

ここ数年、ゲームショップにある波が押し寄せています。トレーディングカードゲームの波です。世間ではスマートフォンやソーシャルゲームが、コンシューマーゲームにとって変わるかもしれないなどともと言われていますが、ゲームを売る現場でコンシューマーゲームを押しのけはじめているのは、もしかするとトレーディングカードゲームの方かもしれません。

トレーディングカードゲームのターゲットは、子供層か、あるいはゲームやアニメ、ライトノベルなどが好きな大人を多く含み、売られている場所は専門のカードショップの他には玩具売場やゲームショップなどと、実はターゲットも販路もかなりの部分でコンシューマーゲームと交差しています。

トレーディングカードゲームの状況が今どうなっているのか、ゲームショップにどんな変化が訪れているのか、そしてそこから浮かび上がるコンシューマーゲームの問題点についてお話してみたいと思います。

勢いをつけるカードゲーム市場

グラフの図

ここ数年で一気に巻き返しているトレーディングカードゲーム。

トレーディングカードゲームは遊戯王シリーズなどで大きく盛り上がった2000年を境に、実は一度下降路線を辿っていた業界です。2006年度に市場規模で400億円弱で底打ちし、それからは毎年成長を続け、2010年度は倍以上となる800億円強にまで成長しました。

2011年も、その盛り上がりを感じた人は多くいたのではないかと思います。トレーディングカードゲームの火付け役である遊戯王シリーズはもちろん、カードファイト!! ヴァンガードや、ヴァイスシュヴァルツといったここ数年の間に登場、そして成長したタイトルのテレビCMなども度々見かける機会があったのではないかと思います。

ただし、例えばコンシューマーゲーム業界と比較するのであれば、コンシューマーゲーム業界の年間市場規模というのは2011年で約4500億円なので、まだまだ届かないというイメージです。しかし、ゲームショップではトレーディングカードゲームに力を入るところがかなり増えてきています。

次は、ゲームショップがトレーディングカードにどれだけ力を入れているのか、そして何故そうするのかについて、考えていきたいと思います。