7

冷え性が招く様々な危険とは?

近年、増え続ける冷え性の女性。「女性なら誰でも冷え性になるもの」と決めつけて軽視していませんか? 一説によれば、男性に比べて女性は体感温度が4度も低いのだとか。それが女性の冷え性症状にも関係しています。身体の熱を作り出すのは筋肉ですが、男性に比べて筋肉量が少なく脂肪が多い女性は、そもそも熱の生産量が少ないため、冷え性を招きやすいのです。

多くの女性が悩まされる冷え性ですが、毎日の生活を少し変えるだけで、冷え性を改善することは十分可能! 今回は、気軽にできる冷え性対策をご紹介します。


冷え性を放置するのは危険!

1

あなたは大丈夫?

冷え性を放っておくと、基礎代謝が低下し、脂肪を燃やしにくい状態になります。そのため、水分の代謝にも影響が及び、むくみを引き起こすことに。運動してもなかなか痩せない体質になってしまいます。

それだけではありません。実は、生理不順や生理痛、不妊症、子宮筋腫・子宮内膜症、更年期障害などの婦人科系の症状はすべて冷え症が起因していると考えられています。

厚着をしたり、足湯に浸かったりと外側から温める方法もありますが、その場合はあくまで一時的なもの。根本から身体を温めるためには、やはり内側からの対策が必要! 

そこで今回は、身体を温める食材と、その方法をご紹介します。


冷え性度セルフチェック

「自分が冷え性かどうかわからない」という方は、まずは自分の身体の冷え性サインをチェックしてみましょう!

・顔がよくむくむ
・肌を指で押すと、跡がついて戻りにくい
・汗をかきにくい
・汗をかくときは異常にかく
・ポッコリお腹が気になる
・肌が青白い
・便秘になりがち
・足首のくびれがない
・手足が冷たい
・夕方になると靴がきつい

いかがでしたか? 1つでも当てはまる事項があった方は要注意! 一般的には「手足が冷たいのが冷え性」くらいの症状しか知られていないかもしれませんが、実は身体に様々なサインが表れているのです。


目指すは平熱36.5℃!

「体温が1℃上がると、基礎代謝が12%アップする」という話を聞いたことがありますか? 冷え性を改善すれば体温も上昇し、基礎代謝がスムーズに行われます。その結果、内臓脂肪の燃焼にも繋がり、痩せやすい体質になるのです。

冷え性の女性では、平熱が35℃台という人も少なくありません。基礎代謝が効率的に行われる理想的な平均体温は、36.5℃です。

外側のみを温めて一時的に体温を上げても、根本的なところの解決にはなりません。内側から温めて代謝をあげることを重視しましょう。そこで、毎日の生活に取り入れやすい温め方法をご紹介します。