話しかけスリ
カタコトの日本語で話しかけてくる外国人には注意

ノルウェーの治安

盗難事件が発生しやすいナショナルテアートレ駅とカール・ヨハン通り

ナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅では、一人でいる男性観光客のズボンの後ろポケットの財布などが狙われやすいようです。

「カラテー!」、「スシー!」、「コンニチハー!」と片言の日本語で外国人に話しかけられている間に、いつの間にか後ろポケットから携帯電話や財布が抜き取られていたということもあります。

ノルウェー人はシャイな国民性なので、道端でナンパをしたり、見知らぬ外国人に積極的に話しかけてくるということはあまりありません。

観光客のふりをして話しかけてくる人もいるので、知らない人から声をかけられても対応せずに無視してください。

置き引き

ベルゲン急行undefined置き引き

ベルゲンーオスロ間の人気のフィヨルド観光。ベルゲン急行の窓から見える素晴らしい大自然の撮影に夢中になり、どうしても手荷物から目が離れがちになるので注意を

写真を撮っている間に、道にカバンなどを置いてしまうと盗まれてしまうので注意してください。

ホテルのブッフェで料理を取りに行っている間に、イスやテーブルの上に置いておいた手荷物はその隙に盗まれることがあります。

夏のフィヨルド観光でベルゲン急行などを利用する観光客は、フィヨルドの写真を窓などから撮ろうとして、網棚や席に荷物を置いたままにしがちです。

フィヨルド、オーロラ、白夜などの観光では、ノルウェーの大自然に圧倒され、写真撮影に夢中になり、手荷物から注意がそれてしまうことがあります。せっかくのノルウェー旅行、良い思い出をつくるためにも自分の身は自分で守りましょう。

被害にあったら

緊急時の連絡先
警察 112
消防 110
救急車 113

パスポートの盗難→在ノルウェー日本国大使館で手続きを。
在ノルウェー日本国大使館
住所:Wergelandsveien 15
代表電話:+47 22 99 16 00

クレジットカードの盗難→すぐにカード会社や銀行に連絡して、カードの使用停止と再発行の手続きを。

航空券の盗難→電子化されたeチケットの場合、各航空会社、購入した旅行代理店に連絡。

下記のサイトも参考にしてみてください

外務省 海外安全ホームページ
「安全の手引き ノルウェーでの安全な暮らしのために」

在ノルウェー日本国大使館
「平成24(2012)年12月 窃盗犯罪の手口と対策」 (PDF)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。