YouTubeのコメント欄から英語の勉強をしよう

YouTubeの英語コメントでよくあるフレーズと意味!

YouTubeの英語コメントでよくあるフレーズと意味!

インターネットが普及して海外サイトを訪れる方も多いかと思います。ただしニュースサイトなどは英語だらけで初学者には敷居が高いものです。

その点、読みやすくてオススメなのがYouTubeのコメント欄。しかも少し慣れてくれば英語を書き込む練習台としても最適です。

<目次>  

英語コメントの基本的なこと

最初に基本的なことをおさえておきましょう。友達とのメールもそうですが、なるべく簡単にコメントを書けるように、大文字を使わなかったり、省略語を使ったりすることがあります。もちろんきちんとした英文を書いている人もたくさんいます。
 

YouTubeで見かけた「使えるコメント」

それでは実際にYouTubeに書き込まれていたコメントをご紹介しましょう。どれもそのまま使えるようなものばかりです。


■ペット関連
1. that is just the cutest thing!  (めちゃくちゃかわいいね!)
2. sooooo cuuuuteee *-*  (すごーーーく、かわいーーー)
3. Omg its so cute  (わー、すごくかわいい)

注:2番のように文字を連続して書くことで、言葉をのばした雰囲気を出せます。3番のomgはOh, my god.の略。


■笑えるビデオ
1. Awesome  (すごいね)
2. best vid everrrrrrrrrrrrrr (今までで一番のビデオだ~~~)
3. This is my fav. (これ、私のお気に入り)

注:1番のawesomeは「すごい、すばらしい、最高」という意味で、とてもよく使われます。2番も語尾をのばしていますね。vidはvideoの省略形。3番のfavはfavorite(お気に入り)の省略形です。


■音楽
1. Love it :)   (好きだな(^^))
2. (歌手名)is great! ((歌手名)はすごい!)
3. i don't like this version (このバージョンは好きじゃない)

注: 1番は主語の"I"が省略されています。主語はよく省略されるので注意。顔文字もよく使われます。


■スポーツ
1. ...the best player in the world (...世界で最高の選手だ)
2. Thank you! Great job! (アップしてくれてありがとう)

注: 1番の"..."は一拍あけてからしゃべり出した雰囲気を出しています。2番は、動画へのコメントではなく、投稿者へのコメントですね。


■その他
1. what is the song at 3:35 please  (3分35秒のところの曲は何?お願い教えて)
2. 3:59 best part  (3分59秒のところが一番だ)

注:動画の一場面についてコメントするとき、このように具体的に再生時刻を記入するとわかりやすくなります。
 

まずは真似から入るのが一番

英語は真似から入るのが一番。気に入ったコメントがあれば、いただいてしまいましょう。ただし意味がよくわからないまま使うのは困りもの。あくまでもしっかりと意味のわかる短いコメントを抜き出して、あとは好きな動画へのコメントとして使ってみましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。