その2 ダイエット中のメンタルのコントロール術

痩せた自分をイメージしよう!

痩せた自分をイメージしよう!

ダイエットは心身共に健康な状態でなければ続けることは難しいものです。そのためにも我慢ばかりの極端な食事制限、ハードな運動で体を追い込む方法は控えたほうがよいでしょう。

とはいえ、ダイエット中は「イライラする」「孤独に感じる」「楽しくない」など、特に心が疲れてしまう場合が多いものです。そんな時の対処法を以下でご紹介します。

■何のためにダイエットを始めたのか?

ダイエットをあきらめそうになったら、「自分がどうしてダイエットを始めたのか?」もう一度、自分に問いかけてみましょう。

「着たい洋服がある」「海外旅行で水着をきて写真を撮りたい」「元カレを見返したい」等々、色々な理由があると思いますが、それらが実現したら自分がハッピーになると思えば頑張れるはず。

逆に「やらなくちゃ」という義務感だけでダイエットを続けるとつらくなって挫折しがちです。毎日頑張っている自分を評価しつつ、明るい未来をイメージすることが大切ですよ。

■友人や家族を巻き込む

結局ダイエットとは、自分自身で心も体もコントロールしながら続けていかなければ成功しないものです。ただ、1人で続けていくには孤独を感じたり、色々な言い訳を思いついたりして中断してしまうケースも。

そういったことを防ぐためには、友人や家族に「ダイエット宣言」をして常に監視してもらったり、また、自分と一緒にダイエットを実践して競走し合うのも手です。

成果が出てきたらなるべく具体的に褒めてもらうようにしたり(例「横から見たお腹がすっきりした」)、時にはお尻を叩いてもらうなどするのが効果的です。