ベトナムスイーツと言えばやっぱりこれ!
ベトナムぜんざいチェー!

che

女性に大人気のチェー


ベトナムスイーツの代表がチェーと呼ばれるベトナム風ぜんざいです。種類はまさに無限大。お店では豊富なメニューの中から選べますし、露店では好みの甘味を複数チョイスして自分だけのオリジナル・チェーを作ることができます。ちなみに温かいものと冷たいものを選ぶことができますが、ガイドは甘味ということなので冷たいチェーをおすすめします。

チェー屋さんに行けば必ずと言っていいほど女子学生を見かけます。「ベトナム人男子はチェーは好きじゃないの?」と質問をしたところ、「甘いものが好きな男子があまりいないかな」と。甘味は世界共通女性のスイーツなんですね。

ベトナムでしか味わえない本場のチェーを堪能しよう!

che

チェーはベトナム人のローカルスイーツ


ほとんどのチェーにはココナッツミルクが入っているため、とても甘いのが特徴です。種類は豊富ですが、よくみかけるのは寒天、ゼリー、緑豆、白玉、きくらげ、ひよこ豆、タピオカなどが入っているもの。どれを食べても日本人の舌に合いますし、外れがありません。いくつか頼んで友人たちとシェアをすれば一度に数種類のチェーを味わうことができますね。

che2

蓮の実のチェー

こちらは蓮の実のチェー。蓮(ロータス)はベトナムの名物です。ドライフルーツやおつまみ、お茶などさまざまな料理に使われます。日本では滅多にお目にかかることがないのでぜひ堪能しましょう。柔らかい豆のような食感です。

 
che3

ココナッツミルクをたっぷりかけて召し上がれ

こちらは寒天とザクロのチェー。コップタイプのチェーには氷がたくさん入っています。スプーンでザクザクと砕いて溶かしながら食べてください。また甘さが足りないかな、と思ったときはココナッツミルクを別途頼んで甘さを調整しましょう。

 
che4

たくさんの種類から選べるのが魅力的ですね

こちらはイモとゼリーのチェーです。メニューにはゼリーと表記されていましたが、どちらかというと寒天ですね。イモはココナッツミルクの甘みが染み込んでとても美味です。ジュースまでしっかりと飲み干しましょう。

 
しかしとにかく甘いのがチェーです。甘いものが苦手、という方はもしかしたらお口に合わないかもしれませんね。そのときは上記の蓮の実のチェーなど、お椀に盛られているチェーを頼みましょう。甘いのもが苦手な人は、飲み物としてではなく、具として食べるのがおすすめです。


>> チェーはどこで食べられる? どこで買える?