日本とは異なるベトナムの電圧

outlet

ベトナムと日本の電圧の違いに注意

ベトナム旅行を計画されている方は、電圧とプラグの形状の違いを知っておかなければなりません。せっかく持ってきた電化製品も、プラグの形状が異なればコンセントに挿し込むことはできませんし、電圧が異なれば、ショートして壊れてしまいます。

ベトナムの電圧は「220V」が主流。ガイドブックなどには、110Vも見かけるようなことも記載されていますが、旅行者が110Vに出会うことはまずないでしょう。
ベトナムundefinedコンセントundefined電圧undefinedプラグundefined変換器

ベトナムのコンセントは火花が飛びやすいので注意


日本の電圧は100Vなので、このままプラグを挿し込むと、シュパッと音をたててショートしてしまいます。100Vの電化製品をベトナムで使うためには、変圧器が必要となります。変圧器はベトナム現地でも売っていますが、やたらと重量があって、持ち運びに苦労します。日本の家電量販店で買える携帯用の変圧器を使えば、ヘアドライヤー程度は使うことができます。ただし、美顔器のような大きな電化製品には対応していない場合もあるので、確認が必要です。

アダプターがあれば変圧器はいらない

ベトナムundefinedコンセントundefined電圧undefinedプラグundefined変換器undefinedアダプター

パソコンなどについているアダプターは、実は重要な役割がある


しかし、パソコンやiPhoneの充電器のような世界で流通しているような電子機器には、きまってアダプターがついていますね。このアダプターに記載されている文字を見てみると、「100-240V」と表記されています。この表記を発見できれば、変圧器不要でベトナム国内で使用することができます。ただし、アダプターがあっても、100Vのみの電化製品もあるので注意してください。

プラグの形状に注意

outlet2

ベトナムでは、コンセントの形も一つではない

電圧の問題をクリアしたとしても、肝心のプラグの形状がコンセントと合致しなければ、挿し込むことができませんね。世界各国のプラグの形状はアルファベットで決められていますが、日本は「A型」となります。一方、ベトナムは、「A型」、「C型」、「SE型」、「BF型」の4タイプとなります。ただし、このうち「A型」と「C型」が圧倒的に多いです。
ベトナムundefinedコンセントundefined電圧undefinedプラグundefined変換器undefinedプラグ

C型のプラグは丸みを帯びているのが特徴

では、A型のプラグはC型のコンセントに合わないかというと、そうではありません。実は、日本のA型のプラグをC型のコンセントに挿し込むこともできるのです。もちろん電化製品も問題なく使用することができます。
ベトナムundefinedコンセントundefined電圧undefinedプラグundefined変換器undefinedプラグ

C型からA型に変換するプラグ


ベトナムではA型とC型に対応しているコンセントであれば、日本から変換プラグを持っていく必要はありません。しかし、不安という方は、家電量販店で200円程度で売っているので、用意しておくといいでしょう。また、SE型、BF型に出くわしてもいいように、マルチタイプの変換プラグを揃えるのもおすすめです。これ一つでベトナムとはいわず、世界中で使うことができます。

ちなみに、外国人旅行者が宿泊するような、中級以上のホテルであれば、レセプションで変換プラグを無料で貸し出しているところも多くあります。変圧器まで貸してくれるかはホテルによりけりですが、訊ねてみる価値はあるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。