高級レストラン「マンダリン」で贅沢な一夜を

Mandarine

気品漂うテーブル席

楽しかったホーチミン旅行。最後はちょっと贅沢なレストランでベトナム料理を堪能したい。そういう方にガイドが自信を持っておすすめしたいのがこちら、「Mandarine(マンダリン)」です。ベトナム人がオーナーを務めるこのレストランでは、本格的な高級ベトナム料理を楽しむことができます。

1区中心から徒歩圏内の魅力

場所は1区中心の市民劇場から徒歩10分圏内という好立地。日本人街とも呼ばれているLe Thanh Ton(レタントン)通り界隈を歩いて、一本路地奥に入ったところに位置しています。和食料亭やスパなどが並んでいる一角にマンダリンは静かに佇んでいます。

数々の実績

マンダリンは1997年に開業以来、高級ベトナム料理レストランとして多くの外国人旅行客に選ばれてきました。その口コミは世界中に広がり、大手旅行サイトのトリップアドバイザーにてユーザー口コミが5段階中4以上のお店に贈られる「Certificate of Excellence for the Year 2013」を受賞、さらにアメリカのグルメサイトのデイリーミールにて「Top 101 Best Restaurants in Asia 2013」にも入選しています。

Mandarine3

薄暗い内装でオレンジ色の照明が利いている

1階ロビーには開放的な空間が広がっています。脇には受賞した数々のトロフィーや各国要人の写真が飾られていますので、こちらにもご注目ください。ちなみに小泉元首相の写真もあります。

 

味よし、雰囲気よしの店内

Mandarine1

お一人様の場合はカウンターも

「東南アジアという異国の地で、ベトナムらしい雰囲気を感じてもらいたい」と願って作られた内装には随所にオーナーのこだわりがうかがえます。清潔なテーブルクロスの上で鳴らすグラスには気品が感じられ、日本ではちょっと味わえない贅沢な時間を堪能することができます。

Mandarine2

ベトナムの伝統音楽も聴ける

1階席ではベトナム人による伝統音楽の生演奏を聴くことができます。カウンター席もあるのでお一人の場合はこちらを利用するのもおすすめ。 高級レストランとは言うものの、予約も不要でスタッフも気さくな印象なので、ラフな格好でも問題ありません。気軽に訪れることができるのも嬉しいところです。 

マンダリンはベトナムの国内基準でしばしば評価の材料として囁かれている「5つ星レストラン(非公式)」に指定されているレストランです。