ホーチミンの10大観光名所を一挙紹介!

hcmnguyenhue

ホーチミン像と人民委員会庁舎

ホーチミン旅行の目的に、グルメ、買い物、エステ! をあげる人は多いと思います。それらはホーチミンの大きな「ウリ」なのですが、それ以外にもホーチミンにはぜひ見て欲しい観光スポットがあります! この記事ではおさえておきたい10個の観光スポットを、市内中心部、郊外、中華街のチョロンと分けてご紹介したいと思います。

まずは市内中心部の見どころ

ホーチミンの観光名所のほとんどが市内中心部にあるため、滞在ホテルから徒歩圏内の場所もけっこうあるかと思います。とは言え常夏の国なので、日中は日差しがきついため、近場でも必要に応じてタクシーでの移動をおすすめします。

おすすめスポット1. 統一会堂

residence

統一会堂はベトナム戦争を語る上で必要不可欠です

統一会堂はベトナム戦争が終結するまで、南ベトナムの大統領官邸でした。1975年4月30日、北ベトナム軍が戦車に乗ってここ大統領官邸を占拠しました。事実上のベトナム戦争終結の日であり、世界では「1つの国が終わる瞬間」として大々的に放送されました。南北ベトナムが統一を果たした後、旧大統領官邸は統一会堂と名前が変わりました。

建物内には気品溢れる会議室や大統領夫人の寝室、庭園、シネマ、図書室などがあります。また大統領の緊急避難通路はタンソンニャット空港まで続いているという噂がありますが、空港まで7キロ以上あるので信憑性は薄いです。

<DATA>
■Dinh Thong Nhat(統一会堂)
住所:135 Nam Ky Khoi Nghia Street, Dist1, Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:永厳寺から南下、もしくはCongXaParis Street(コンサーパリス通り)付近
入場時間:7:30~11:00 13:00~16:00
入場料:大人4万ドン、子供1万ドン

おすすめスポット2. シーホアンショー(アオザイショー)

aodaishow

アオザイショー

ホーチミンの中心から車で西に20分ほど走った5区にある夜のエンタメショー。アオザイの人気デザイナー・シーホアン氏が監修を務める旅行者向けのショー。普段は5区で公演しますが、予約者が多いときは1区のグエンフエ通り沿いにあるアオザイ博物館(77 Nguyen Hue Street.)に移ります。
aodai museum

無料で見学できるアオザイ博物館

シーホアンショーはベトナムの伝統衣装を纏ったキャストが次々とランウェイに登場。単なるファッションショーだけではなく、伝統打楽器で民謡を奏でたり、少数民族の生活の一コマを再現したりと複数のプログラムで構成されています。ナイトライフに新たに加わった外国人向けの観光スポットです。

 

<DATA>
■Si Hoang Show(シーホアンショー)
住所:190 Hong Bang Street, Dist5, Ho Chi Minh City
アクセス方法:市民劇場からタクシーで20分
上演時間:20:00~22:00
料金:20~40万ドン(座席によって異なる)
休館日:不定休
電話番号:093-181-3183 ※予約必須

おすすめスポット3. 中央郵便局

postoffice

アーチ状の奥行きのある内装

東南アジアにいながらにして西洋コロニアル建築が見られる国もそう多くはありません。中世を感じさせる外観と内観は外国人旅行者の注目の的。入って両サイドの通路はお土産ショップになっていて、ここでしか手に入らない切手がガイドとしてはおすすめです。

中央郵便局は、ホーチミンを代表する観光スポットになっているものの、実は郵便局として今でも現役。現地の人々の生活風景を垣間見れる貴重な場所でもあります。

<DATA>
■Buu Dien Thanh Pho(中央郵便局)
住所:2 CongXa Paris Street, Dist1, Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:聖母マリア教会隣
入場時間:7:00~19:00
入場料:無料

おすすめスポット4. ベンタン市場

ben thanh market

ホーチミンと言えば、やっぱり市場

ホーチミンはいまだ庶民の台所として市場が大活躍しています。東南アジアの雰囲気を味わうにはこれ以上にない観光スポットであるのが市場です。ベンタン市場は、外国人観光客の多い市場ではありますが、野菜や肉類、魚介を売っているお店も多々あり、特に早朝は現地の人々で活気に満ちています。

ベンタン市場は、とにかく雑貨が豊富。女性の方は市場、雑貨目当てでホーチミンに来る方も多いはず。きっと満足できる買い物ができるかと思います。また、夜の19時30分以降は市場外周でナイトマーケットが毎夜開かれますので、こちらもお見逃しなく!
cho ben thanh

最近は値段のついたラベルを張るお店も増えてきましたが、それでも交渉は必須

市場は定価の概念がないので、すべて値段交渉をしなければなりません。仮にラベルが付いていたとしても、値段交渉は必須です。また複数点購入すれば安くしてくれる可能性も大なので、安易にラベルの値段を鵜呑みにしないように気をつけてください。最初はガイドブックで確認したり、市場を回って値段の相場を調べておきましょう。

また、スリも多発しますので、貴重品をポーチやポケットに入れておく際は細心の注意を払ってください。

<DATA>
Cho Ben Thanh(ベンタン市場)
住所:Ben Thanh Market, Dist1, Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:聖母マリア教会からタクシーで約10分
入場時間:7:00~19:00
入場料金:無料

おすすめスポット5. 戦争証跡博物館

bao tang

ベトナム戦争の軌跡を巡る


ホーチミン市街地を散策していると、ベトナム戦争の傷痕はまったく残っていないように感じます。しかし、当時アメリカ兵が撒いた化学兵器「枯れ葉剤」を受けた被災地では、いまもなお草木が生えず、また奇形の人々も今に残しています。戦争の痛みを知る上では欠かせない博物館となります。
viet and doc

ベトちゃんドクちゃんは日本でも有名

写真右は結合双生児のベトちゃんドクちゃん。ベトちゃんドクちゃんはホーチミンの国営病院で分離手術をしました。その際に執刀したのが日本人ということはあまり知られていません。
photo

軍人よりも民間死者数が上回った悲劇的な戦争でした

館内にはフォトジャーナリストが撮影した戦時中の光景が数多く展示されています。中には映画「地雷を踏んだらサヨウナラ(199年)」の原作をつとめた一ノ瀬泰造氏やピュリッツアー賞を受賞した故沢田教一氏の作品(写真右)もありますので、漏れなくじっくりと見学していってください。

<DATA>
Bao Tang Chung Tich Chien Tranh(戦争証跡博物館)
住所:28 Vo Van Tan Street, Dist3, Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:聖母マリア教会からタクシーにて5分。また徒歩15分
入場時間:7:30~12:00 13:30~17:30
入場料金:4万ドン

おすすめスポット6.水上人形劇

water puppetry

ハノイ名物のエンタメがホーチミンに上陸

ハノイ名物の水上人形劇がホーチミンでも楽しめます。ベトナムの民族、民話、慣習などを知ることができます。会話はすべてベトナム語なので内容を掴むことは難しいですが、水上を行ったり来たり、飛び跳ねたりする人形の仕草はとても愛らしいものがあります。

席は全席指定席なので、チケットは早めに購入しておくことをおすすめします。

<DATA>
■Mua Roi Nuoc(水上人形劇)
住所:55B Nguyen Thi Minh Khai Street, Dist,3,Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:聖母マリア教会からタクシーで約10分
入場時間:17:00~、18:30~
入場料:25万ドン

タクシーで市内郊外へ。郊外の2大見どころ

続いてご紹介する2つのスポットは徒歩ではちょっと距離があるので、タクシーを利用してください。とは言っても片道10万ドン程度なのでお財布にも優しいですよ。

おすめスポット7.永厳寺

temple

日本との縁もある

永厳寺はホーチミンで最も有名な寺院であり、現地の学校の教科書に載っています。袈裟を纏った僧侶と熱心な仏教徒の読経を唱える光景を見ることができます。大きな金色の大仏に背後にまわると三蔵法師の像もあります。また、寺院内に安置されている鐘楼は日本人僧侶が寄与したものであり、日本語で平和の意を刻印しています。
eigengi

熱心な仏教徒の方々

ベトナム人の8割は仏教徒と言われています。皆さん大らかな人たちですが、読経中はシャッター撮影はご法度です。また、読経前はみなさん寺院内で昼寝をしていることもありますので、静かに見学しましょう。

<DATA>
■Chua Vinh Nghiem(永厳寺)
住所:339 Nam Ky Khoi Nghia Street, Dist3, Ho Chi minh City(Googleマップ
アクセス方法:1区中心部から北上した場所に位置しているため、タクシーで向かうことをおすすめします。
入場時間:7:00~11:00,13:30~17:00
入場料:無料

おすすめスポット8.ホーチミン博物館

hochiminh

ホーチミン革命活動、功績などを讃えた博物館

サイゴン川沿いに建つホーチミン博物館は、革命家ホー・チ・ミン主席の活動を写真や模型で展示しています。「ホーおじさん」の愛称を持ち、演説前には「みなさん、お腹一杯食べてますか?」の掛け声から始まることで、多くの国民から慕われていました。
ho chi minh

若き日のホーチミン

博物館の敷地内には「Nguyen Tat Thanh」という人物の銅像があります。この人物は名前は違えど若き頃のホー・チ・ミンです。この名前はホー・チ・ミンが成年の頃に使用していました。またここから見渡すサイゴン川の景色も美観。

<DATA>
■Bao Tang Ho Chi Minh(ホーチミン博物館)
住所:1 Nguyen Tat Thanh Street, Dist,4,Ho Chi Minh City
アクセス方法:オペラハウスからタクシーで約10分
入場時間:7:30~11:30 13:30~17:00
休館日:月曜日
入場料:1万ドン

華僑の人々の庶民的な生活風景を垣間見よう

チョロン(Cho Lon)とは日本語で「大きな市場」という意味です。多くの華僑の人々がここに居住しており、ベトナム語と中国語が飛び交う様子をうかがうことができます。ガイドがインタビューしたところ、華僑の人々は外ではベトナム語を共通語とし、自宅で家族と話す際は中国語を使うとのことでした。

おすすめスポット9.チョロン

cholon

庶民的な生活風景は日本人から見るとスパイシー

チョロンはホーチミン市5区の1部のエリアを指します。ホーチミン中心(1区)からだとタクシーで約20分程度。中国語の看板が見えてきたら適当なところで下ろしてもらい、散策をしてみましょう。

中華街のチョロンですが、教会や学校などの建築物を見てみると西洋の名残を感じ取ることができます。フランス人少女と華僑の青年の恋愛を描いた「愛人/ラマン」の舞台にもなっており、ロケ地巡りをする方も結構います。

<DATA>
■Cho Lon(チョロン)
住所:Cho Lon,Dist,5,Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:1区中心市街地からタクシーで約20分

おすすめスポット10. ティエンハウ寺

Thien Hau

ティエンハウ寺内部

チョロン中心市街地にあり、ビンタイ市場からも徒歩圏内にある仏教寺院。ここに祀られているのは漁業や航海の守り神である天后聖母。中国では道教の最高位に位置する媽祖としても知られています。ベトナムではしばしば仏教と道教が混在した寺院があり、近隣住民が日ごろ通う参拝の場として親しまれています。
Thien Hau1

いかにも中華風のらせん線香。訪れる人もほぼ華人です。

寺院内は中国らしいらせん線香が天井に吊るされていて、この“線香を吊るす作業”は一般客も体験することができます。また旧正月近くなると、ここで獅子舞の稽古も見ることができます。

<DATA>
■Chua Ba Thien Hau(ティエンハウ寺)
住所:710 Nguyen Trai Street, Dist,5,Ho Chi Minh City(Googleマップ
アクセス方法:1区中心市街地からタクシーで約25分
入場時間:7:00~18:00

おすすめ記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。