ホーチミンの雷魚の油鍋専門店 「チャーカーラーヴォン」

raigyo

ベトナム人にとってはちょっと高級料理

雷魚という川魚をご存知でしょうか。ドジョウ科に属するのですが、英語では「スネーク・ヘッド」として親しまれている非常に大きな魚です。この雷魚は実はベトナム北部の名物であり、ベトナム人にとってはちょっと高級なベトナム料理として位置づけられています。今回ご紹介する「チャーカーラーヴォン(Cha Ca La Vong)」というレストランでは雷魚を油鍋で炒めた料理を食べることができます。

中心地から徒歩10分の好立地!

undefined

それほど脂っこくないのが嬉しい

こちらのレストランはホーチミン中心ドンコイ通りから徒歩で焼く10分程度です。お洒落な雑貨ショップやカフェなどが建ち並ぶトンタッティエップ(Ton That Thiep)通りの一角にあります。日本人含む外国人旅行者の多くが一度は訪れる通りなので、ショップで買い物した後、こちらに立ち寄るのがベストです。

メニューは雷魚のみ!

このレストランで食べられる料理はこの雷魚の油鍋のみ。大きな鍋に揚げられた雷魚の切り身とたくさんの香草が入ってテーブルに置かれます。こちらが外国人と分かれば、スタッフが炒めてくれるサービスも。十分に炒めた雷魚と香草を茶碗によそい、ベトナム名物のブンという麺と一緒に食べます。つけだれはヌクマムよりも「マントム」と呼ばれる小エビを発酵させたタレを使うのがベスト。ちょっと匂いにクセがありますが、慣れると病みつきになる美味しさがあります。

restaurant

小ぢんまりとした店内

店内は小ぢんまりとしていて、食事時であってもそれほど込み合いません。ゆっくりと食事できるのがいいですね。また、現地の人はビールと一緒に鍋を食べるのが一般的。ベトナミーズビールを片手に雷魚を堪能してください。 

味は文句なく絶品の部類でしょう。ベトナム麺がフォーだけだと思っていた人にとってはブンを食べられる点でもプラスポイントです。ただ、少し残念なのは一人前の分量が少ないこと。男性なら二人前くらいはペロリと平らげることができるくらいなので、物足りない人は追加で注文するか、もしくはもう1店レストランを梯子するのもいいかもしれませんね。日本では滅多に食べることができない料理なので、是非一度ご堪能あれ!

<DATA>
■Cha Ca La Vong(チャーカーラーヴォン)
住所:36 Ton That Thiep Street,Dist1,Ho Chi Minh City
TEL:08-3915-3343
営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00
休日:無休(テト期間要確認)
平均予算:20万ドン

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。