ホーチミンの旅はここから。タンソンニャット国際空港

airport

成田からのフライトは約6時間。アオザイを着たスタッフが漏れなく歓迎してくれます

ホーチミン、空の玄関口タンソンニャット国際空港。ベトナム一の商業都市、ホーチミン唯一の「国際空港」という割にはずいぶんこじんまりとした空港でしたが、2007年、日本のODAによって、4階建ての大規模ターミナルへと生まれかわりました。

成田空港からタンソンニャット空港まで直行便で約6時間程度。日本からタンソンニャット空港まで直行便があるのは、2015年6月現在のところベトナム航空と全日空(ANA)、そして日本航空(JAL)の3社です。関西、福岡、中部(名古屋)からも直行便は出ていますが、便数が少ないので事前に確認をしてください。

到着したら入国審査

タンソンニャット国際空港に到着したら、道なりに歩いていけば入国審査の場所へと辿り着きます。「immigration(イミグレーション)=出入国手続き」の掲示板を手がかりに歩いてもいいでしょう。他国の国際空港と比べると分岐点もすくないため、道に迷うことはまずありません。到着した場所は2階で、入国審査を経て階段を下り、一階に進めば出口が見えてきます。

ベトナムでは2015年現在、日本人且つ、滞在日数を15日間超えない観光目的の入国であれば、ビザは不要となります。しかし、16日以上の滞在であれば、ビザが必要となりますので、その際は入国審査場所の端にある窓口で、一ヶ月間の観光ビザを取得することができます。ただし、2015年の法改正を受けて、招聘状が必要となりますので、代理店に手配してもらうか、大使館で事前にビザを取得しなければなりません。

入国審査では『ALL PASSPORT』の電光掲示板がある列に並んでください。ちなみに、2010年より、空路のみ出入国カードの提出は必要なくなりました。税関申告をする必要がある方は、これまで通り報告しなければなりません。

参考:JALによるタンソンニャット国際空港の図式解説

荷物の引き取りから税関

入国審査を無事終えたら、エスカレーターもしくは階段で1階へ。下りると、預け荷物を引き取るためのターンテーブルが並んでいます。電光掲示板で、自分が乗ってきた便のターンテーブル番号を確認の上、荷物が流れてくるのを待ちましょう。

荷物を受け取ったあとは、真っ直ぐ進むと税関があります。X線による荷物チェックがありますが、申告物がなければ何事もなく終えることができます。ベトナムではアダルトな雑誌は禁止されており、水着程度の雑誌であっても没収されることがありますので、ご注意下さい。

税関を超えたら到着ロビーとなります。また、「ターンテーブルに自分の預け荷物がなかった」という紛失物がある場合は、到着ロビー付近にある「Lost & Found Baggage」の看板がある窓口に行きましょう。便名やパスポート番号、自分が紛失した荷物の種類、色、中身、おおよその金額などを記載し、滞在ホテルを伝えます。すぐに調べてくれますので、夜に到着したとしても、翌日の午前中にはホテルに連絡をくれるはずです。紛失のトラブルは、乗り継ぎ便を利用して、預け荷物が経由国に置き去りになってしまうことによって、稀に発生します。

両替所を経て到着ロビーへ

exchange

両替所はたくさんあるが、レートはそれほどよくない

ベトナムの通貨単位は「VND(ベトナム・ドン)。日本では成田空港を含めて両替できないので、到着ロビーに出る前にいくつか並ぶ両替所で、初めて現地通貨を手に入れることができます。ただし、レートはあまりよくないので、ここでは滞在ホテルまで向かうタクシー代と、コンビニでお菓子や飲料水を買うために必要なお金(2,000~3,000円程度)を両替するようにしましょう。

空港の両替所は到着便があるうちは開いています。具体的には不明ですが23時頃までは確実にオープンしています。

参考:ベトナムの通過・ホーチミンでの両替

到着ロビーは大勢のベトナム人でごった返しています。現地係員が待ってくれている場合は、ここで彼らを探しましょう。「俺が市内観光してやる」と言ってくる怪しげなベトナム人も多くいるので、彼らは無視してください。

ご自身で移動する場合は、タクシーかバスとなります。バスであれば152番に乗りましょう。ベンタン市場前のバスターミナルまで運んでくれます(5,000ドン)。タクシーであればどれに乗ってもかまいませんが、ぼったくり防止のため、できれば日本人観光客に認知度の高い会社を利用してください。

参考:ホーチミンのタクシー