ホーチミン観光でタクシーに乗る

taxi

タクシーが行き交うベンタン市場前

ホーチミン旅行では、タクシーは移動手段の中心となります。と言うのも、ベトナムには電車がなく、鉄道は長距離列車のみ。地下鉄もありません! ローカルバスは走っていますが、海外旅行によほど慣れている人でもない限り、乗りこなすのはハードルが高く、バイクタクシーもいろいろとトラブルに見舞われがち……。ホーチミン市内は案外狭いので、各観光名所への移動にタクシーをフル活用してもそれほど料金はかかりません。

ただし、タクシーにも、安心しきれない点が。今回はタクシー選びから、タクシーにまつわるトラブルとその回避術をご紹介します。

ホーチミン市内を走るタクシーの種類

taxi1

タクシー会社を選ぶのが秘訣

ホーチミン市内にはいくつかのタクシー会社が存在します。日本だと、どのタクシーに乗ってもたいして変わりはないかと思いますが、ホーチミンではタクシー会社によってはぼったくりなどの被害も多発しますので、タクシー選びが重要と言えます。

ホーチミンで最も有名かつ旅行者におすすめのタクシー会社は2つ。1つはVINASUN(ビナサン)、もう1つはMAI LINH(マイリン)です。この2社は大手なので他のタクシーと比べるとトラブルに見舞われる確率も少ないです。

taxi2

ホーチミンで一番よく見かけるビナサンタクシー

VINASUN(ビナサン)タクシーは写真右のようなカラーです。車体の側面にロゴ、社名、電話番号が表記されているのでお確かめ下さい。

 
taxi3

マイリンタクシーも安心

こちらはMAI LINH(マイリン)タクシー。ビナサンと同じように車体の側面にロゴ入りの社名と電話番号が記載されています。車体の色は全体が緑色の車と下半分が緑色、上半分が白色の種類があります。



 
taxi4

見かける頻度は少ないが信用できる

市内を歩いていると大体見かけるタクシーは上記2社がほとんどです。しかし写真右のSAIGONTOURIST(サイゴンツーリスト)というタクシー会社も信頼はできます。 

 

危ないタクシーの見分け方

taxi5

見た目からも判断できる

「このタクシーは避けた方がいいかも……」というタクシーは、ある程度見た目からも判断することができます。例えば写真上のタクシーをご覧ください。タクシー会社のシンボルとも言えるロゴが申し訳ない程度の小さなものですし、電話番号は「54.27 27 27」。ビナサンタクシーの電話番号は「38.27 27 27」なので酷似しています。このタクシーはロゴや電話番号をシールやマグネットで貼っているだけなので、非常に怪しいと言えます。

電話番号で見分ける方法は手段としては有効です。中にはビナサンやマイリンと同じロゴと社名を車体に貼って、電話番号だけ最後の一桁二桁を変えて客を騙す悪質なタクシーもあります。このようなタクシーは現地のベトナム人も騙されやすいので、観光客の方はより注意が必要です。
  • VINASUN(ビナサン):38.27 27 27
  • MAI LINH(マイリン):(08)38 38 38 38
  • SAIGONTOURIST(サイゴンツーリスト):38.45 88 88
taxi6

白タクもよく見かける

個人でタクシー業務を行う無許可タクシーもちらほら見かけることがあります。いわゆる「白タク」で、向こうから声をかけてきて「安く乗せてあげるよ」と誘ってきます。ほとんどの白タクにはメーターが搭載していなく、交渉となりますので、相場が分からない旅行者にとってはおすすめできません。あとで話とは違う法外な料金を請求されることもありますので、この手のタクシーに乗るのは避けてください。