ホーチミン市郊外、メコンデルタ地方のカントーを観光

cantho

大地の恵み「カントー川」

ホーチミンから南西へ約160km進んだ先にあるカントー。都会のホーチミン市とは打って変わり、雄大なメコン川と自然を享受した人々が暮らすエリアとなります。カントーはメコンデルタ地方最大の都市。外国人観光客にとっては、水上マーケットが有名な観光スポットとなります。

カントーへの行き方

ホーチミン市からはミエンタイ・バスターミナル、もしくはツアーにて行くことができます。鉄道はありませんので、どちらも移動手段はバス。所要時間は約3時間半となります。

水上マーケット見学の旅行者は要一泊

水上マーケットは早朝の5時から8時頃がピーク。こちらの観光を目的とされている旅行者は、カントーで一泊する必要があります。また、ナイトクルージングやナイトマーケットなど、水上マーケット以外の観光スポットも楽しみたい方も、カントーで一泊するのがおすすめです。

夜の公園には注意

カントー市場周辺はカントー川を眺めることができる公園が広がっています。夜になると若者のデートスポットとしても活躍する人気エリアですが、そうした場所には旅行者を狙った危険がつきもの。特に金銭や貴重品には気をつけて行動して下さい。少しでも気をゆるめると、後で大変なことになります。

一大観光スポット水上マーケット(市場)

Floating Market

最寄はカイランエリア

カントーの名物でもある水上マーケット(水上市場)。メコンデルタ地方のいくつかのスポットで毎朝催されていますが、旅行者にとって一番行きやすいのが「カイラン」です。小売や卸しを生業とする大小の船が数百往来し、水上で売買が繰り広げられます。カイランまでの所要時間は、カントー市内中心からタクシーで約20分。オプショナルツアーで参加するのも可能。個人で参加する場合は、カイランまで行き、ボートを所有しているオーナーに直接交渉する必要があります。

<DATA>
■カイラン水上マーケット
住所:カイランエリア、メコン川支流
営業時間:5:00~12:00頃(ピークは~8:00)
アクセス:カントー市内中心からタクシーで約20分

カントーの歴史の移り変わりを学ぶ3つの博物館

museum

市内中心部博物館は三つある

カントー市内には三つの博物館が点在しています。博物館間は徒歩圏内の距離なので、まとめて回るのがおすすめ。

■カントー博物館
カントー市の歴史の移り変わりを学ぶことができます。昔と今のカントーの写真による比較や、ベトナム戦争時のカントー市の様子など、貴重なものばかり。

<DATA>
住所:1 Hoa Binh St. Dist.Ninh Kieu. Can Tho
営業時間:8:00~11:00,14:00~17:00(土・日曜~11:00,18:30~21:00)

■ホーチミン博物館
革命家ホー・チ・ミン氏の足跡を巡ることができます。フロアは1階のみで、展示数も少ないので所要時間は10分程度。ホー・チ・ミン氏が身に着けていた服飾品なども展示。

<DATA>
住所:6 Hoa Binh St. Dist.Ninh Kieu. Can Tho
営業時間:7:00~11:00,13:00~17:00

■軍事博物館
ホーチミン博物館と同じ敷地内にあります。ベトナム戦争中の写真や銃火器などが展示されていて、当時の人々がたくましく生きていた様子をうかがうことができます。

<DATA>
住所:6 Hoa Binh St. Dist.Ninh Kieu. Can Tho
営業時間:7:00~11:00,13:00~17:00

上記の博物館はすべて入場料が無料(2014年現在)。時間に余裕がある方におすすめします。