赤レンガで造られた「聖母マリア教会」

聖母マリア教会

聖母マリア教会

正式名称は「聖母マリア教会」、通称「サイゴン聖母大聖堂」は、ホーチミンの中心地に位置するカトリックの大司教座大聖堂です。

美しい赤レンガで造られた歴史ある教会は、サイゴンがフランスの植民地だった1863年から1880年にかけて建設されました。ちなみに、赤レンガはすべてフランス産だそうです。

ネオ・ゴシック様式はフランス植民地時代に建設されたので当時の影響を色濃く残しています。

ベトナムではカトリック教徒の方も多いので、休日のミサは多くの市民が訪れ、また観光客も多く訪れる場所です。

ホーチミンのシンボル的な存在であるこちらの教会は、二つの尖塔が印象的な建物。

正面から見ると左右対称なすっきりしたデザインですが、実は横や斜めから見ると実に奥行きのある壮大な教会です。

建物手前には、聖母マリア像が優しく微笑んで市民の平和を見守っているかのようです。

また、教会内のステンドグラスも大変美しいので、ぜひ中もじっくりと拝見してみて下さい。

なお、教会の中へは朝の8時から10時半までと午後の3時から4時の間だけ入ることができます。

■聖母マリア教会
・住所:1CongXaParis,Dist1,HCM City(市民劇場を出てドンコイ通りを北方向に約500m進み、つきあたり。徒歩約4分)
・見学時間:8:00~10:30/15:00~16:00

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。