ベトナム人はビールが大好き

beer

ベトナムのビールは飲みやすいのが特徴

ベトナムでは、北部ハノイを中心に古くから「ビアホイ」という生ビールが親しまれていました。ビールの入った大きなタンクにホースやポンプをつないでジョッキやピッチャーに注ぎます。工場勤務や土工といった肉体労働をしている方にとって、仕事終わりのビアホイの一杯は、まさに至福のひととき。「Fresh Beer」の看板がビアホイを意味しますので、見つけたら試飲してみてください。ただ近年はホーチミン市内ではめっきり見かけなくなりました。

 

beer5

年間消費量は年々増加傾向

ベトナムは東南アジアで最もビールが飲まれている国というのはご存じでしたか。2013年の年間消費量を見てみると、アジアでは中国、日本に次ぐ第3位で、約30億リットル飲まれていました。発展途上国のベトナムでは、年々人々の所得も上がっていることから、将来的には日本を追い越す可能性もあります。

 

beer3

海外メーカーも多い

ベトナムには海外大手ビールメーカーも参入しています。「タイガービール」と「ハイネケン」はその代表で、現在ではすっかりベトナム人に定着しています。日本メーカーでは「サッポロ」、「キリン」が躍進しており、特にサッポロはベトナム人の間でも人気が高まっています。

 

ホーチミンで一番有名なビールは「333」

bababa

最も安く、最も人気のビール

ホーチミンで一番有名なビールはこちら、「333(バー・バー・バー)」。醸造元は国内最大手のビールメーカー「サイゴンブルワリー(Sabeco)」です。数字の「3」が三つ並んでいるロゴが特徴で、コンビニや屋台とどこでも買うことができます。値段も安く、330ml缶で約60円。とにかく安く、たくさん飲みたいと考えるベトナム人にはまさにうってつけのブランドとなります。サイゴン社は他にも「Saigon Lager Beer」や「Saigon Export」といった人気ビールを全国に発売していますが、南部ホーチミンエリアで最も人気のあるのは333となります。

beer1

薄味だからいくらでも飲める

肝心の味わいですが、日本のビールよりもかなり薄味です。泡立ちと香りがよく、すっきりとしたのどごしが特徴。苦みが少ないので、ビールが苦手な方も、こちらは飲めるかもしれません。しかも、ベトナム人はジョッキに氷を入れて、さらに薄めて飲むのが定番です。男性数人が集まれば、1ダースは簡単に空けてしまいます。

 

ベトナム人にとって、ビールはとても身近な存在

beer2

ビールさえあれば誰とでも仲良くなれる

ベトナム人は友人との付き合いを大切にし、その輪を繋いでくれる大切な役割がビールです。昼間は真面目に働くベトナム人も、夜になると「今日はどこで飲もうか」と仲間を誘って早々にお店に足を運びます。鍋や焼き肉といった熱い料理には必ずビールがつきもので、また最近はオープンエア―の居酒屋風レストランでビールを飲み交わすのが流行り。「モッ、ハイ、バー、ヨー!(1、2、3、カンパーイ!)」という掛け声を合言葉にジョッキを鳴らし、食事中幾度となく乾杯をするのもベトナムスタイルです。

beer4

ビアガーデンも増えてきている

いままでは食堂やレストランでビールを飲むのが常でしたが、近年はビアガーデンも市内中心にいくつかオープンしています。全席オープンエアーではなく、屋内席も用意されているところが多く、突然の雨にも対応できます。

 

buivien street

ブイビエン通りは毎夜賑わう

ホーチミン市内、バックパッカー街のエリアにあるブイビエン通りでは、毎夜、歩道にゴザを敷いてビールを飲む若者で盛り上がっています。ベトナム人だけではなく、欧米人やアジア人と国籍問わずビールを飲み交わす光景は、バックパッカー街ならでは。みなさんもホーチミン旅行の際は、333を飲んで彼らと一緒に異国情緒に浸ってみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。