寒くて暗い雪国で、コーヒーは文化であり、必需品 

フグレンで販売中のカッファ(Kaffa)のコーヒー豆

コーヒー袋には農家の情報や豆の特性が詳細に書かれている

マイナス15~20度の暗く厳しい日々が続く、1年の半分が冬のような雪国では、「温かいコーヒー」と「いつでも立ち寄れるカフェ」は必須です。自然や登山が大好きなノルウェー人は、寒い山の頂上でもコーヒーを淹れます。

また、シャイな国民性のノルウェー人にとって、コーヒーは「コミュニケーションにおいて必要不可欠」なもの。職場の会議、学校、友人の家、どこにいても最初の誘いの一言は、「コーヒーを飲もうか?」。会話のきっかけとなるのは、お茶ではなく、コーヒーなのです。

「ノルウェーでは、お茶は赤色ベースのフラワーティーなどが人気のため、“女性っぽいもの”というイメージがあります。コーヒーのほうが老若男女に問わず好まれますね」と、国内最大規模のカフェチェーン店「カッフェ・ブレネリ―エ」のオーナーであるステイナール・パウルスルード氏は説明します。

ノルウェーの大手コーヒーメーカーが大量生産する、
質にこだわったコーヒーが、一般客の買い物カゴの中に!

カッフェ・ブレネリーエのコーヒー豆

質にこだわった商業コーヒー&アメリカやヨーロッパ他国と比較しても、ノルウェーコーヒーは浅煎り

ノルウェー・コーヒー・インフォメーション協会によると、世界基準のものさしで測った場合、日常生活でノルウェー人が摂取するコーヒーの90%以上が高品質のものだそうです。

「Kaffehuset Friele、Joh. Johannson Kaffe、Coop Norge Kaffe、Kjeldsberg KaffebrenneriやPalsというノルウェーのコーヒー市場90%以上を独占する国内大手コーヒーメーカーは、海外の大手他社と比べると非常に質の良いコーヒーを販売しています」と同協会のダイレクト・マネージャーであるマーリット・リーネス氏は語ります。

「ノルウェーは、ネスレ社以外の大手海外コーヒーメーカーが未だに大規模な進出に成功できていない数少ない国です。低品質のロバスタ・コーヒーは、2%しかノルウェーには輸入されていません。ヨーロッパやアメリカに比べて、ノルウェーのコーヒーは浅く焙煎されており、ブラックコーヒーが一般的です。砂糖やミルクをあまり必要としない浅煎りなので飲みやすく、その結果コーヒーの消費量が世界的にも圧倒的に高いのです」(リーネス氏)。

リーネス氏とのやり取りで見えてきたのは、大量生産し、スーパーなどで低価格で販売しているノルウェーの大手コーヒーメーカーも、他国と比べると高レベルのコーヒーを焙煎し、卸しているという意外な一面でした。

ノルウェーコーヒー市場へ参入したがる、
海外大手コーヒーチェーン店

海外コーヒーメーカーが事業拡大に苦戦するノルウェー。ですが、現在国内ではスウェーデンのチェーン店であるWayne's Coffeeが店舗数を増やし続け、同じくスウェーデンのEspresso Houseにも今後進出計画があるとノルウェーのメディアでは取り上げられています。また、2013年はスターバックスがオスロ市内にいよいよ本格参入してきます(2012年現時点ではオスロ郊外の空港内に1店舗のみ!)。

「ノルウェー人のコーヒー摂取量は世界でもトップ」という事実に、商売のチャンスを見出す海外コーヒーチェーン店は多いようです。

次は、コーヒーの質にとことんこだわった、ニッチ市場の「スペシャルティコーヒー」について迫ります!