自転車活用ダイエット

方法は簡単で、移動に自転車を使うだけ。ジムに行くのに車を使えば楽をしてしまうので、出来る限り移動は人力の手段を選択するのが無難です。

腰を痛めたりもしにくいですし。ランニングなどは夜中にする場合は、喉を痛めてしまうこともあります。空気が冷たいと器官によくないので自転車で楽に動ける範囲で移動していることは喉や腰などの負担軽減になります。アスファルトで覆われた現代では足への衝撃が強すぎて怪我につながります。自転車であればガソリンなど必要ありません。こだわる人はお金がかかりますが、私はママチャリが一番いいと思います。楽に動けるものだと負荷も減るのでお金もかからないママチャリが便利です。

悪い点としては、自転車を盗まれることや事故に遭う危険もあることです。そのため、盗難保険に入るか、防犯に気をつける、怪我の保険などにしっかり入っておくことは大切です。

挑戦する人はあまり意気込まず、移動手段を自転車優先で考えればいいだけです! 一生付き合える気楽な運動でダイエットしましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。