しらすと大葉の和風じゃこチャーハン

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物チャーハン

 

醤油とごま油が香る、和風じゃこチャーハン

椎茸やえのき、甘長とうがらしなどの和食材を使い、味付けは醤油とごま油で風味よく仕上げる和風じゃこチャーハンです。生姜のみじん切りや大葉の千切りなど、香りのよい薬味野菜を加えるのもポイントとなります。

和風じゃこチャーハンの材料(2人分

主材料
ご飯 400g(お茶碗大盛り2杯分くらい)
じゃこ 20g
しいたけ 3個
えのき 1/2束
ししとう 3~5本
生姜 ひとかけ(みじん切りで大さじ1弱)
いりごま 大さじ1弱
大葉 5枚(お好みで)
調味料
サラダ油 大さじ1/2
濃口醤油 大さじ1/2
小さじ1/4弱
ごま油 小さじ1
「ししとう」の代わりに「甘長とうがらし」「万願寺とうがらし」「ピーマン」などでも美味しく作ることができます。また、大葉はお好みで用意してください。

和風じゃこチャーハンの作り方・手順

和風じゃこチャーハンの作り方

1:チャーハンの材料を準備する

チャーハンの材料を準備する
じゃこチャーハンに入れる具材は、醤油味に合うような「きのこ類」と「辛みのない唐辛子、ししとう、ピーマン」などがおすすめです(今回は、椎茸、えのき、甘長とうがらしを準備しました)。
じゃこに関しては、釜揚げしらすのような柔らかいものではなく、炒めても崩れにくい硬めのじゃこを用意するとよいです。

2:チャーハンの材料の切り方

チャーハンの材料の切り方
椎茸は4~5mm幅の薄切り、えのきは2cm幅、甘長とうがらしは斜め切りにします。

3:鍋を熱してからはじめに生姜を炒める

鍋を熱してからはじめに生姜を炒める
フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れて火にかけ、油がしっかり熱くなったころに生姜のみじん切りを加えます。手早く作る必要がありますが、できるだけ火加減は強火にします。 チャーハンを作る鍋は、フッ素加工をほどこしたフライパンか、油がよくなじんだ中華鍋などがおすすめです。

4:材料を炒める

材料を炒める
生姜を加えたら先に用意した野菜を加え、鍋を振って全体に油をなじませるように炒めます。

5:ご飯とじゃこを入れる

ご飯とじゃこを入れる
7割ほど野菜に火が通ったら、ご飯とじゃこを加えます。

6:ご飯をほぐしながら炒める

ご飯をほぐしながら炒める
かたまりになったご飯がないようヘラなどでほぐし、上下を入れ替えながら炒めます。 椎茸が油を吸いやすいので、もしこの時点で油が少なくフライパンにご飯がくっつくようなら、サラダ油小さじ1程度を追加してもよいです。

7:調味料を加えて仕上げる

調味料を加えて仕上げる
ご飯がほぐれてしっかり炒まったら、炒りごま、醤油、ごま油、塩の順に加え、全体を混ぜ合わせて完成です。 じゃこの種類や分量によってチャーハンの塩加減が変わってくるので、塩は最後に加えるようにし、味を見ながら調整をするとよいです。

8:仕上げに大葉の千切りをのせても

仕上げに大葉の千切りをのせても
薬味として大葉の千切りを添えても、風味がよくなり美味しくなります(お好みで用意してください)。

ガイドのワンポイントアドバイス

卵を加えたり、ちくわやかまぼこなどの練り物を刻んで入れたりしても、ボリュームもアップしおすすめです。