このブランドの入門に最適なブーツ!

ルイスブーツ

AUTHENTIC SHOE & Co.の定番・ルイスブーツはレーベル復活後も健在です。ボールガースをやや広めにとってはいるものの、変に幅広には見えない点がミソ。合わせる服を選ばない、このブランド入門には最適の一足です。9万3450円(GALLERY OF AUTHENTIC TEL:03-5412-6908)

前回の記事ではいかにも竹ヶ原氏の作らしい、過去に敬意を払いつつも時代感のある3足をご紹介しましたが、後編も負けていません。まずはAUTHENTIC SHOE & Co.の定番である、このルイスブーツからご紹介しましょう。前回もお話しした通りこのブランドの今季のデザインは、「今日の日本的な装いの原点とは?」を多分に意識したものですが、この靴も1910年代のWALK OVER辺りのアメリカ靴の印象を多く採り入れたもの。お馴染みのデザインながら、アーモンドトウのシェイプなどは確かに今季の趣旨にもピタッと一致する一足です。

ちなみのこの1910年代は、第一次大戦でドタバタしていたヨーロッパを尻目に、実用の美と快適性を重んじたアメリカの靴産業が一気に勢い付いた時代。今や誰もが履いているスニーカーの元祖に当たる靴が登場したのも、この時代のアメリカです。この靴もボールカース(親指と小指の付け根の間=足で最も幅広な部分)を気持ち広めに設計することで足入れの良さを実現するなど、カッコ良さだけでなく履きやすさも徹底させている点で、彼らのDNAをしっかり受け継いでいる訳です。

ただし広めとは申しても、その分同じエリアの高さはやや抑えめに設計しているので、足の中で靴がブカブカ泳いでしまうようなトラブルとは無縁ですのでご安心を。さまざまなジャンルの服とも合わせやすいので、この靴からAUTHENTIC SHOE & Co.の靴を履き始めて竹ヶ原氏の世界観を味わってみる、というのもおすすめです。

今季はアッパーが黒一色ではあるものの、上下ともにベビーカーフを用いたものと、下半分にベビーカーフ・上半分はゴートスキン(山羊革)を用いた同色異素材コンビ仕様の2種類があります。前者はシンプルである分この靴が持つ凛々しさや逞しさを、時代を超えて訴えかけて来るこのブランドの定番らしい仕上がりです。一方後者は19世紀末から20世紀初めにかけての街履き用のドレスブーツでは非常に人気のあった組み合わせ。気持ち油分が多めでマットなゴートスキンの革質は、靴の表情に独特な立体感を与え、今だからこそ非常に斬新に目に迫ってきます!
ルイスブーツundefined素材違い

今季のルイスブーツは黒一色ながら、アッパーの上半分には二種類の素材が用意されています。前方がゴートスキン、後方がベビーカーフです。微妙なコントラストを織りなす前者を採るか、シンプルな後者を採るか、価格も同じなだけに悩みます! 共に一足9万3450円(GALLERY OF AUTHENTIC TEL:03-5412-6908)

【商品案内】
「ルイスブーツ(LOUIS BOOTS)」
・色: 黒
・アッパー素材:上下ともにイタリア製ベビーカーフ、上半分ゴートスキン、下半分イタリア製ベビーカーフ
・底材: レザーソール+アローヘッドラバーヒール
・製法: グッドイヤー・ウェルテッド
・サイズ: 23.0~28.0cm
・価格: 9万3450円

竹ヶ原氏がワークブーツ系を創るとどうなるか? 詳しくは次のページで!