“深睡眠”を得るコツは、ズバリ体温調節!

人間の体温には、昼間活動している時は高く、夜から明け方にかけて下がるという一定のリズムがあります。そして、この体温低下の幅が大きいほど、寝つきがよくなって深く眠ることができます。ところが現代人は、慢性的なストレスや体の冷えなどにより、血めぐりが悪くなり、体温が上がりにくい状況にあります。

そこで、寝る前の体温調節としておすすめしたいのは、“温め”と“リラックス”。体を温めたり、心と体をリラックスさせることで血めぐりを良くすれば、放熱が促され、体温が下がり、スムーズに入眠態勢に入ることができるというわけです。

 

就寝前の“温め”と“リラックス”で快眠!

それでは、血めぐりを促して“深睡眠”を得るには、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか? ポイントは次の2つです。
 

1.体を温める

 

市販の生姜入りスープも手軽で便利。永谷園「『冷え知らず』さんの生姜参鶏湯 」

■寝る3時間前の食事
ショウガやトウガラシなど、体を温める食べ物を摂ることをおすすめします。

■寝る2時間前の軽い運動
息が上がってしまうような激しい運動ではなく、ウォーキング、ヨガ、ストレッチなどの軽い運動がおすすめです。

■寝る1時間前の入浴
お湯の温度は38~40度とぬるめに設定し、湯船に10~20分ほどゆっくり浸かりましょう。

 

2.心と体をリラックスさせる

 

温熱シートや蒸気アイマスクもうまく活用してみて。左から、花王「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 完熟ゆずの香り」、「めぐりズム 蒸気でGood-Night)」

「首もと」と「目もと」は、短時間で心地よい温かさを感じることができる部位。就寝の30分くらい前に、首もとや目もとをやさしく温め、心と体をリラックスモードに切り替えましょう。

■首もとを温める
首もとは血管が多く集まる部位。首もとをあたためると全身の血管が拡張し、血めぐりが良くなります。直接首もとに貼れる温熱シートなどを就寝前に活用するとよいでしょう。

■目もとを温める
蒸しタオルや、市販されている蒸気の出るアイマスクなどで目を温めることで、副交感神経が優位になり、体はリラックスモードになって血めぐりも良くなります。


これから迎える冬は、「体が冷えてなかなか寝つけない」という人が増える季節。就寝前の“温め”と“リラックス”で、血めぐり快眠を目指しましょう!

資料提供:血めぐり研究会

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。