■教育施設・生活施設

ポートアイランドでの公立小・中学校は、「港島小学校」「港島中学校」となります。高校は神戸第一学区に属し、「神戸高校」や「御影高校」のエリアです。買物は、何と言ってもダイエーを中心とした「グルメシティ」でしょう。あと、「トーホー」くらいかな?「KOU'Sポートアイランド店」が昨年閉鎖されて、シャッターの閉まっている店も多く、とても淋しくなりましたね。

六甲アイランドは、「向洋小学校」と「六甲アイランド小学校」の2校、中学は「向洋中学校」があります。高校は神戸第一学区の神戸市立「六甲アイランド高校」があります。

買物は、神戸ファッションプラザに食料品の販売店「パントリー」が1階にあり、2階より上階には文具や書籍・ファッションフロアなどがあり、レストランや映画館「MOVIX」などもあります。その他、「アーバングルメポート」や「マーケットシーンリバーモール」など数々のレストランやブティック、雑貨店、家具店などがあり、ウインドウショッピングにも事欠かないようです。


六甲アイランドの「マーケットシーンリバーモール」。
ここだけにしかないショップなどもあり、個性的なお
店の数々が軒を並べている。



■公園・遊興施設

ポートアイランドは北公園、中公園、南公園、CATパークなど大きな公園が配され、遊園地の「ポートピアランド」もあります。住宅団地内も、小さな子供を遊ばせられる公園もあり、緑という点においては計画的に造られた街の良さがあります。ポートピアランドの北側にある青少年科学館では、プラネタリウムに人気があり、兵庫県内より多くの児童がやってくるようです。

六甲アイランドも北公園、向洋西公園、向洋東公園、マリンパークなど大きな公園もありますが、ポートアイランドのような遊園地などは無いようです。


■人口構成

ポートアイランドのある中央区と六甲アイランドのある東灘区を比べてみると、中央区の全人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は20%であるのに対し、東灘区は15%となっています。ポートアイランドと六甲アイランドもそのデータと違わず、六甲アイランドの平均年齢が36歳であるのに対し、ポートアイランドの人々の高齢化が進んでいるようです。