L-カルニチンの上手な使い方

ああ

運動とセットにすることを忘れずに

■摂取量の目安
L-カルニチンが豊富な食材として羊肉(ラム、マトン)が有名になりましたが、サプリメントとしてもたくさんの製品が販売されています。

日本人の1日あたりの必要量は200 mgと考えられていて、厚生労働省は1日あたりの摂取目安量を約1000mgと設定しています。サプリメントとして利用する場合、重い副作用はこれまで報告されていません。この理由は、アミノ酸の1種なので、余った分は排泄されると考えられているからです。ただ、余った分は無駄になるだけなので、サプリメントを利用する時は、目安量を極端に超えないようにしておきましょう。

ごくまれに、製品の質が悪くD-カルニチンが混ざっていたりすると、トラブルの原因になることもあるので、きちんとしたメーカー・製品を選ぶようにしましょう。

■摂取のポイント
次に、摂る時のポイントですが、運動と組み合わせることが大切です。L-カルニチンは、体の中の脂質をエネルギーに変換するのに使われます。でも、脂肪の燃焼が始まるのは、血液中の糖分(血糖)を使い終わってから。ですから、L-カルニチンを摂ることと運動(血糖を使い終わる分+α)をセットですることが、効果を引き出すポイントになります。

L-カルニチンはアミノ酸の一種なので、比較的短時間で吸収され体に行きわたると考えられます。サプリメントを利用する場合、運動開始の30~60分前に摂っておけば、運動中に体内で働いてくれそうです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。