世界遺産/アメリカの世界遺産

古代都市ウシュマル/メキシコ(4ページ目)

魔法使いが育てた小人が一夜で建てたという伝説を持つウシュマルの「魔法使いのピラミッド」。楕円形の底面を持つ柔らかくエレガントな姿から、しばしば「世界でもっとも美しいピラミッド」のひとつに数えられている。今回はマヤ文明を代表するメキシコの世界遺産「古代都市ウシュマル」を紹介する。

長谷川 大

執筆者:長谷川 大

世界遺産ガイド

古代都市ウシュマルへの道

グラン・ピラミッド

グラン・ピラミッド。60段の階段を登るとウシュマルの建造物群と周囲のジャングルが見下ろせる ©牧哲雄

■エアー&ツアー情報
双頭のジャガー像

双頭のジャガー像。この上に生け贄の心臓が捧げられたともいわれる ©牧哲雄

ウシュマルへの旅の起点はユカタン半島の都市メリダ。リゾート地カンクンや首都メキシコシティからバスや飛行機で移動する。メキシコへの格安航空券は8万円前後から。ツアーは5日間13万円前後から。

カンクンからメリダまでバスで2~3時間程度。メキシコシティからメリダやカンクンまでバスで20~25時間、飛行機で1~2時間。メリダからウシュマルまでバスで1~2時間ほど。メリダやカンクンから日帰りツアーが出ている。

 
■周辺の世界遺産
イグアナ

遺跡内ではイグアナをよく見かける ©牧哲雄

同じメリダを起点とする世界遺産に「古代都市チチェン・イッツァ」がある。もっとも有名なマヤ遺跡なのでぜひ見学しておきたい。また、カンクンから車で3~4時間の位置に自然遺産「シアン・カーン」がある。

メキシコには30件以上の世界遺産があるので、工夫次第で数多くの世界遺産を訪ねることができる。たとえばメキシコシティから日帰りで見学可能な世界遺産だけでも「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」「古代都市テオティワカン」「ルイス・バラガン邸と仕事場」「ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群」「ソチカルコの古代遺跡地帯」「プエブラ歴史地区」「モレリア歴史地区」「ケレタロの歴史史跡地区」等がある。

 

古代都市ウシュマルのベストシーズン

総督の館と前庭

総督の館と前庭。左に突き出した岩は男性器の象徴といわれる。ヒンドゥー教のシヴァ・リンガを彷彿させる ©牧哲雄

亀の館の名のもとになった亀の像

亀の館の名のもとになった亀の像 ©牧哲雄

ユカタン半島は非常に温暖で、年間を通して平均最低気温が18~25度、平均最高気温が30~35度ほど。特に暑いのは4~8月。雨期は6~10月で、ハリケーンが発生するのもこの時期だ。

ベストシーズンは、一般的には盛暑と雨期を外した乾期(11~3月)といわれる。ただ、雨期といってもしとしと降り続けるわけではないので、あまり神経質になる必要はないだろう。

 

世界遺産基本データ&リンク

尼僧院の壁面

尼僧院の壁面。中央がチャックで、左右に双頭の蛇が描かれている ©牧哲雄

マヤ・アーチから眺める尼僧院

マヤ・アーチから眺める尼僧院 ©牧哲雄

【世界遺産基本データ】
登録名称:古代都市ウシュマル
Pre-Hispanic Town of Uxmal
国名:メキシコ合衆国
登録年と登録基準:1996年、文化遺産(i)(ii)(iii)

【関連記事&サイト】
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます