ひとりで家事を背負うのは大変です。ガミガミ言わずとも片付くよう、家族が協力しやすいスタイルに切り替えませんか? 今から下地を作っておけば、これから先も穏やかな日々が過ごせますよ。

 

5位:洗濯ものの山を消すワザ

洗濯かご

しまう場所まで持って行って、そこでたたんで収納してもいい

洗濯は洗濯機があるからラクそうに見えるのですが、その行程は意外と長くて労力がかかるもの。朝からスタートして、干し上がった洗濯物をとりこんで収納し終えたら夜になっています。子どもがスポーツをしていると、毎日2回洗濯という家庭もあるでしょう。

炊事や掃除といった他の家事もこなすことを考えれば、洗濯にかける労力を少し減らしてもいいはず。繰り返し着る体操着やシャツなどは、干すときからハンガー掛けにしてそのまま収納するのも手です。たたむ衣類や布ものは、カゴを用意して家族別に入れ分けていきます。そして、他の用事がひと段落してからたためばOK。子どもでもたためるように教えてあげましょう。

 

4位:遊びっぱなしのゲーム・おもちゃ退治のワザ

ゲーム収納

からまりやすいコントローラーは本体からはずして片付ける

子どもが大きくなるにつれて、どんどん増えていくのがおもちゃ。しかも、遊びっぱなしで散らかしほうだいになると、キレイに暮らしたい部屋がゴチャゴチャになります。そんな困りものをすっきりと片付けるには、収納グッズを上手に使いましょう。

子どもに放り込んでもらえばすむようなカゴやボックスで、おもちゃを種類別に収めるようにします。入れ物のデザインと素材に気を使えば、リビングの一角をプレイスペースにしている家庭でも大丈夫。インテリアのイメージに合わせて使いやすいものを選びましょう。ゲーム機やソフトもテレビの近くに収納できれば、片付けやすくなります。

 

3位:散らかりやすい部屋のリセットワザ

スツール収納

スツールタイプのボックスは実用的でインテリアにもGOOD

子どもに限らずオトナだってモノを散らかしがち。脱いだままの服、読みかけの雑誌、使ったままのリモコンなどが部屋のあちこちに散乱することがあります。リビングダイニングのように、家族それぞれが思い思いに過ごして、そのままほったらかしになるのが日常茶飯事ではないでしょうか。

くつろげるのは我が家だからこそですが、いざ掃除をしようとするときには厄介です。散らかったモノを拾い集めてからでないと床掃除ができないとなれば、怒りたくなるのも仕方がありません。そんなストレスを減らすためにも、片付け道具を用意して家族に協力してもらいましょう。散らかりを翌日まで持ち越さず、朝の掃除がパパっと済ませられたら、その日1日が気持ちよく始まります。

 

2位:冷蔵庫で腐らせないワザ

冷蔵庫収納

空きスペースを増やせば冷却効果が高まる。開閉時間と回数が減れば節電に

冷蔵庫には調理に使う食材のほかにも、ビールやゼリーなど家族の好物も収まっています。「何かないかな」と気軽に扉を開けて、長々と中身を点検している家族はいませんか? もしそんな傾向があるとしたら、冷蔵庫の中が満杯だったり、どこに何をしまうかといった定位置が決まっていなかったり、しまい方に問題がありそうです。

買い物をしたあとに、買った順番に冷蔵庫にしまっていくと、古い食品が奥のほうに押しやられることになります。手前にある食品の陰に隠れたものはそのまま忘れ去られて、やがて賞味期限切れに。そんな無駄を防ぐためには庫内を見通しよく整理して、食費の節約と節電につなげましょう。扉を使って食品を管理するのもいい手です。

 

1位:子どもに教えたい魔法のワザ

子供部屋収納

小学生になれば教材を科目別に分けることができる

子どもの個性や創造性を伸ばすには、自分のスペースをもつのが大事だそうです。子供部屋があってもなくても、自分で好きなように飾ったりしまったりできる場所を作ってあげると、子どもは喜びます。早ければ2歳頃からコレクションを始める子もいるようです。

やがて学習を中心とした生活が始まるようになると、遊びの道具以外に本やプリントなどの教材が増えてきます。そうなると子供部屋をどうするかが悩みの種に。実際にはダイニングテーブルで勉強する子どもも多く、勉強机のことよりも先に持ち物をどう管理してもらうかを考えておきたいものです。その子の性格に合わせて、親子で一緒に片付けやすい方法を考えていきましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。