実例がたくさんあるサイト「RoomClip」の中から、キッチン収納アイディアをピックアップ。リアルな知恵をたっぷりとご紹介します。


1.流しの下の立体収納

鍋、ボウル、まな板、包丁、洗剤など、流しの下にしまいたい道具がいくつもあります。ところが、キャビネットの内側には排水パイプがあって、思うようなしまい方ができません。鍋やボウルを下から上へと積み重ねれば、スペースの節約にはなっても、出し入れするのが厄介です。わずかに残された手前のほうに、洗剤と漂白剤のボトルを置いたりすると、他の道具を出すときに邪魔になります。

使いにくい流しの下を有効に使うには、道具が必要です。ラックを置いて、縦の空間を2段か3段に仕切ったり、細かい道具をまとめる入れ物を用いたりして、使い勝手を改良しましょう。
流しの下収納

収納のお手本!ラックとケース使い(画像:RoomClip) orca
 

流しの下のラック収納

細かい道具は細長いケースで収納の奥まで使いきる(画像:RoomClip) Rinkamama


2.引き出しのスムーズ収納

キッチンのアンダーキャビネットには、観音扉の形状ではなく引き出し中心のスタイルという住まいが増えています。幅の狭い3~4段という従来の引き出しに加えて、幅の広いタイプが組み込まれていて、鍋やフライパンなどもしまえるようになっています。

そのおかげで、奥にあるモノまで手前に引き出せるので便利です。とは言え、道具を適当に入れるだけでは、引き出しの特性が活かせません。手前にはよく使う道具、奥にはたまに使う道具といった配置や、上下に積み重ね過ぎないようにするといった配慮が必要です。
引き出しに鍋収納

フタと卵焼きのフライパンは薄くていいので手前に(画像:RoomClip)nao


引き出しの食器収納にファイルボックス

お皿もボックスやスタンドを使って立てる収納に(画像:RoomClip)nao


引き出しに100均収納ケース

お手入れ用品はケースを使って区画。排水溝ネットはポケットティッシュ用ケースにIN(画像:RoomClip)nao



3.吊戸棚の積極活用

高い位置にある吊戸棚は手が届きにくく、どこに何をしまったのか、奥や上の方が見通しにくい収納です。そのため、道具の中でも使用頻度が最も低いモノで、重たくないモノをしまう場所になります。

ただし、背の高い人であれば、吊戸棚の下段なら使えるかもしれません。使う頻度の高い粉類や調味料などをしまって、調理中にも活用できるようにしましょう。
吊戸棚に100円収納

お弁当やお菓子づくり用など、細々したモノにはケースを統一。棚板の数が足りないときは突っ張りの棚でもOK(画像:RoomClip)guu
 

吊戸棚に100均収納ケース

右側にある調味料ボトルの並べ方を参考にしたい。奥の列はケースを使って上げ底に(画像:RoomClip)mm_home


次は、細かい調味料と冷蔵庫、そしてキッチンには欠かせない調理家電スペースの整理収納です。