地震に強いマンションとは

大地震でも無傷のマンションとそうでないマンションはどこが違うのでしょうか

大地震でも無傷のマンションとそうでないマンションはどこが違うのでしょうか

阪神淡路大震災や東日本大震災など、近年の大地震で被害にあった建物の多くは古い木造家屋でした。そのことから「マンションなら安心だ」と思った人が多いかもしれません。

しかし、全てのマンションが無傷だったわけではなく、倒壊・崩壊はしなかったけれども損傷が大きく一時避難を余儀なくされたり、住み続けることが困難になり解体せざるを得ないケースも出ています。今回は倒壊・崩壊しないことはもちろん「大地震時でも被害が少ないマンション」の条件をピックアップします。

 

倒壊・崩壊しない基準:新耐震基準

「建物が倒壊・崩壊しない」ということは、命を守るために最低限必要な耐震性能です。この最低限必要な耐震性の有無は建設年度から把握することができます。大きな分かれ目は「1981年5月」となります。それ以降に確認申請を受けた「新耐震基準」のマンションなら、基本的に大地震でも倒壊・崩壊しない耐震性を持ち、命は守られるとされています。

しかし、新耐震基準で造られているマンションでも、大地震で受けるダメージはそれぞれです。例えばAの建物はほとんど被害を受けていないのに、隣に建つBの建物は壁に大きなヒビが入り大がかりな補修工事が必要になってしまった、という風に。その違いはどこからくるのでしょうか。いくつか条件を挙げてみましょう。

 

低層で壁式構造のマンション

一般的に低層マンションで採用されることの多い壁式構造は、高い耐震性があるとされています。その理由は「壁の量が多い」から。壁式構造とは壁そのもので建物全体を支える構造形式です。壁の厚さが厚く、開口部もあまり大きく取れません。その特徴が地震に対して有効に働いてくれるのです。

社団法人高層住宅管理業協会が発表した「東日本大震災の被災状況について」【表1】でも「壁式構造」と「その他の構造物」とを比較すると壁式構造の被害が比較的小さかったことがわかります。
【表1】undefined構造形式別被災状況(東北6県+関東1都6県)undefined出典:社団法人高層住宅管理業協会(クリックで拡大)

【表1】 構造形式別被災状況(東北6県+関東1都6県) 出典:社団法人高層住宅管理業協会(クリックで拡大)


次のページで地盤、形状、経年劣化への対応に触れます。