アボカドと長いもの塩麹浅漬け 

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかず漬物

 

ねっとり・まろやか! アボカドと長いもの塩麹浅漬け

野菜のおいしさをグンと引き出してくれる塩麹。今回はアボカドと長いもに塩麹を塗るだけでできる浅漬けを紹介しています。アボカドは、チーズみたいに濃厚でまろやかな味わいに。塩麹の塩気が抜群のアクセントになっています。長いもは水気が抜けて、シャキシャキ感が倍増。甘みとうまみが引き出されています。ちょっぴり不思議な組み合わせではありますが、食べてみればそのねっとり・まろやかな味わいの魅力にはまってしまうことでしょう。

アボカドと長いもの塩麹浅漬け の材料(2人分

アボカド・長いも・生姜の浅漬け
アボカド 1個
長芋 200-250g
塩麹 大さじ3-4
レモン汁 大さじ2
できあがり写真には、生姜の甘酢漬けが盛り付けてありますが、ここではこのレシピの紹介はありません。

アボカドと長いもの塩麹浅漬け の作り方・手順

塩麹浅漬けを作る

1:アボカドの浅漬を作る

アボカドの浅漬を作る
アボカドを縦半分に切り、種を取り除いたら、皮をむきます。変色しないよう、全体にレモン汁をまぶします。

塩麹を大さじ1を全体にぬりつけ、ラップでぴっちりとくるみます。

2:長いもの浅漬を作る

長いもの浅漬を作る
長いもを1×4cmほどの短冊状に切ります。

バットやお皿などに長いもを並べ、塩麹を裏表に塗ったら、ラップか蓋などをします。

3:1晩寝かす

1晩寝かす
【1】【2】を冷蔵庫に入れ、4時間-1晩ほど冷蔵庫で寝かせます。

食べる前にアボカドは塩麹を洗い落としてから切っていただきます。長いもは、洗わずにそのままいただきます。
アボカドはレモンと塩麹が混ざって、苦味を感じるため洗います。

ガイドのワンポイントアドバイス

アボカドは熟しているものだと、柔らかすぎて塩麹を塗るときにつぶしてしまいます。ですので熟度50-70%くらいのものを用意しましょう。長いものネバネバが気になる方は、塩麹を塗る前に酢水で洗うといいでしょう。その場合、酢と塩麹が混ざって苦味を感じる場合があるので、食べる前に塩麹を洗ってから食べるようにしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。