ポール・ボキューズ

この名を知らないフランス料理人、そしてフランス料理を愛する人はいないだろう。86歳にして未だリヨン郊外ソーリューにある店ではその大きな手、God Handでゲストと握手をし、共に写真に収まり永遠の記録と記憶を残させる。
ポールボキューズ

記憶上、アントニオ猪木氏よりも大きく、そしてふくよかだったボキューズ氏の手

日本においてはパンや惣菜のブランドは大丸が、レストランについてはひらまつグループが担当し、歴史に名を成すフランス料理の巨匠のエスプリと料理を日本に運び続けている。

思えば国立新美術館東京に開店したブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼは衝撃だった。宇宙船に乗ったかのような作りに、昼はランチの行列が、夜はワインを料理を気軽に楽しむブラッスリーとして未だに人気があると聞く。開店直後にはボキューズ氏も来日し、ゲスト全員と握手をし、本にサインをし、写真撮影に応じるのは80歳を悠に過ぎた料理人にはいささか酷だったかもしれないが、少なくとも著書にサインをいただいた私としてはこれ以上の感激はなかったことも事実だ。
ポールボキューズ

安定した料理はひらまつグループの組織力の強さに見ることができる

その後、平松氏の卓越した経営手腕において比較的低価格でお洒落なインテリアを持って東京、金沢、名古屋、博多など全国にブランドを拡げている。料理の安定したクオリティと低価格のワイン、そしてレストラン経営に長けた優秀なスタッフのもと日本におけるフランス料理のコモディティ化に貢献しているといっていい。

本家本元の三ツ星レストラン、ポール・ボキューズの話は後半に述べるとして、最近出掛けた銀座店をご紹介したい。