最大専有面積は400平米

さて、「アークヒルズ仙石山レジデンス」の詳細は未公開だが、現段階で特徴と思われるポイントを記しておこう。まずは、最大400平米を超す専有面積である。純粋に「世界に通じるラグジュアリーレジデンス」を目指したことで、他に類を見ない広々とした高級マンションが誕生した。そのときどきの市況に左右されない姿勢がグローバルスタンダードな良質ストックを生み出した。

天井の高さも上層2フロアが最大3m、それ以外も2.75mを確保。また、バルコニーが最大4m近くあるというから、いかにも「ヒルズ」らしい空間が期待できそうである。

「THE ROPPONGI TOKYO」から撮影

「THE ROPPONGI TOKYO」から撮影


プールやフィットネスジム、ボディトリートメント専用ルームを完備した「ヒルズスパ」も建物内に用意(別途、入会手続きが必要)。複合ビルであるため、レストランや買い物施設が揃っていることはあえて説明するまでもないだろう。全容が公開されるまで、あと3カ月。

ロケーション

ロケーション

画像提供:森ビル(1ページ2点と2ページ目「ロケーション」、計3点)

【関連記事】
アークヒルズ仙石山レジデンス<掲載画像30点>
アークヒルズ仙石山森タワー、本日竣工(2012年8月7日更新)

高級マンション[Facebook]

【追記】
虎ノ門ヒルズレジデンス

Copyright(C)2006 MH3 Inc. All rights reserved.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。