ご飯のお供に、常備菜の味しみ「ナスの田舎煮」

所要時間:20分

カテゴリー:サブのおかず煮物

 

ご飯のお供に、常備菜の味しみ「ナスの田舎煮」

ナスを甘辛く煮た田舎煮は、ご飯との相性抜群。冷蔵庫で4~5日持ちますので作り置きにもぴったり。お弁当に、朝夕の食事のちょっとした副菜にもおすすめです。

ナスの田舎煮の材料(4人分

ナスの田舎煮
なす 3本
生姜 1かけ
ごま油 大さじ2
三温糖 大さじ2
大さじ3
大さじ4
醤油 大さじ2
味噌 小さじ1
小ねぎ お好みの量
ナスは、皮の色が濃くてツヤがあり、全体がふっくらとしているものを。ヘタの部分のトゲが勢い良いものは新鮮です。

ナスの田舎煮の作り方・手順

ナスの田舎煮

1:ナスを乱切りにし、水にさらしてアク抜きする

ナスを乱切りにし、水にさらしてアク抜きする
 ナスはヘタを落として乱切りにし、水にさらしてアク抜きします。しょうがは千切りにしておきます。

2:鍋でしょうがとナスを炒める

鍋でしょうがとナスを炒める
鍋にごま油としょうがを入れて火にかけます。中火で軽く炒めたら、水気をよく切ったナスを加えます。そのまま3~4分、少し火を弱めて、ナスの色が鮮やかになるまでよく炒めます。

3:調味料を加えて煮る

調味料を加えて煮る
火を強め、鍋に三温糖、酒、水、醤油、味噌の順に調味料を加えます。沸騰したら弱火にし、落としブタをして10分煮ます。

4:火を止めてそのまま常温になるまで置く

火を止めてそのまま常温になるまで置く
煮汁が半分になったら火を止め、そのままフタをして常温になるまでおきて味をなじませます。冷めたら、小ねぎの小口切りを添えます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ナスと一緒にいんげんやししとうを煮たり、かつおぶしと和えても美味。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。