美術館に赤ちゃん連れはOK?

美術館

やっぱり美術館は大人だけの場所!?

科学館や自然博物館なら子どもと一緒に行きやすいものの、美術館というと、なんだか急にハードルが高く感じるもの。なかには、赤ちゃん連れで美術館なんて! と眉をひそめる人も少なくないかもしれません。

しかし、実際には美術館側で年齢制限を設けていることはまずなく、どちらかといえばむしろウェルカムなムード。ベビーカーのまま入館できるところも多く、なかには貸し出しベビーカーや抱っこ紐を用意している美術館もあります。オムツ交換台や授乳スペースなどの施設を備えているのも珍しくありません。ちなみに、専用の授乳室がなくても、尋ねてみれば空いている部屋などを貸してくれることもあります。

乳幼児連れが可能かどうか、どんな設備があるかは、各美術館のホームページの「よくある質問」などのコーナーに詳細が掲載されていることが多いので、事前に確認しておきましょう。

 

赤ちゃん連れの美術館を楽しむコツ

ベビーカー

ベビーカーはラクだけど混雑時は避けよう

もちろん、子連れOKであっても、ほかの人の迷惑にならないよう、普段以上の配慮は必要です。まず、赤ちゃんが泣き出したり、騒いだりしたら、一度退出するのが鉄則。チケットに「再入場不可」と書かれていても、事情を話せばOKしてもらえることが多いです。

個人的には1歳すぎて歩き回るころより、赤ちゃんのうちのほうが美術館には行きやすいと感じています(幼稚園くらいになって絵そのものに興味が出てくればまた別ですが)。勝手に歩き回らないし、寝ている時間も多い。そもそも、どこに連れて行ってもまだそれほど反応に大差はありません。

観覧にはやはり昼寝のタイミングを狙うのがベストですが、逆に危険なのは寝る直前。眠くなるとぐずって泣き出す赤ちゃんも多いですよね。なかなか寝付いてくれないなどタイミングが合わないときには、パパとママが交互に観覧するなどの工夫が必要なシーンもあるかもしれません。可能であれば混んでいる週末より平日を狙ったほうが快適でしょう。

ベビーカーのまま入館できるところも多いですが、混んでいるときは使用できないこともあるので、抱っこ紐やスリングなどの方が安心。動きやすいうえに周囲にも迷惑になりません。重い荷物はロッカーに預けておけば身軽です。

ある程度大きくなった子どもには、「大声を出さない」「走らない」「作品にさわらない」などのマナーをあらかじめ言い聞かせておくことが大切。子どもが小さなうちは基本的に手をつないで観るようにしましょう。

 

>>次のページでは赤ちゃん連れでも行きやすい美術館を紹介