多機能ペンのその「多機能ぶり」は、一本でどれだけのペンが使えるか、ということで決まると言ってもいい。そんな中ちょっと違うタイプの「機能ペン」が登場した。これはペンではないところの多機能ぶりが優れている。それがクロスの「テックフォー」だ。
クロスundefinedテックフォー

クロスから新たに発売された多機能ペン「テックフォー」7350円

シャープペン好きにはたまらない

これは黒、青、赤のボールペン、そしてシャープペンという構成の多機能ペン。機構としてはツイスト式で軸を回転させると、次々にペンが繰り出されていく。
クロスundefinedテックフォー

ツイストする時の感触がカチンとしっかりとしたクリック感がある。このツイストは一方通行にしか回らない。ただし、ペンを引っ込める時だけは、少しだけ逆回転できるようになっている

4種類のペンが使える多機能ペンということだけであれば、それほど珍しい存在ではない。これが新しいのは、その中のシャープペンを繰り出す時だ。ペン先からシャーペンがシャキンと出てくると同時に、反対側からは消しゴムが繰り出されてくる。
クロスundefinedテックフォー

シャープペンを繰り出すと、ペントップから……

クロスundefinedテックフォー

消しゴムが繰り出される!

シャープペンを使う時は消しゴムは切っても切り離せない関係。これまでの多機能ペンでも確かに消しゴムを搭載していたものはあったが、それらはエンドキャップの中に隠れていて、そのつど開けなくてはならなかった。そういう点でこれはシャープペンを使う時には、自動的に消しゴムがスタンバイ状態になっていてくれる。

ノックする時は、この消しゴムのところに指をかけてそのままカチカチと押し込んでいくことになる。こうして消しゴムを直接ノックしたことはなかったので、はじめのうちはこれでいいのだろうかと不思議な気分になってしまったが、消しゴム独特のクッション性のある押し心地は決して悪いものではない。
クロスundefinedテックフォー

カチカチとシャープペンの芯を出すときは、消しゴムもろともこのようにノックする

ところで、この消しゴムを常にスタンバイ状態にするというスタイル。アメリカならではの発想だと感じた。以前、とある日本の筆記具メーカーの方から聞いた話だが、アメリカではシャープペンに搭載している付属の消しゴムのリフィルがことのほかよく売れているという。

それはとりもなおさず、アメリカの人たちがシャープペンの消しゴムを日頃からよく使っているということがあるからだ。日本ではシャープペンの消しゴムというと、それほど頻繁に使うものではない。どちらかというと、緊急用といったイメージで、実際にガシガシと使うよりも、いざとなったら消しゴムもあるという安心感の方が大きいと思う。

その方いわく、アメリカの人達がシャーペンの消しゴムもよく使うのは、おそらく鉛筆の影響ではないかとのことだった。アメリカには黄色い軸で後側に消しゴムが付いているものがとてもポピュラーな存在。その鉛筆に付いている消しゴムを使うというのが一般的なため、ペンを反対側にして消すというのがすっかりと浸透しているという。今回のクロス テックフォーには、そうしたスタイルが色濃く表れているのを感じる。
クロスundefinedテックフォー

消しゴムは、もちろん交換可能。引っ張ると外せる



次のページでは3色ペンを紹介しよう。